AGAとは?

日本ではAGAを男性型脱毛症と呼びますが、「Androgenetic Alopecia」を直訳すると「男性ホルモンによる脱毛症」となります。この名が示す通り、AGAは男性ホルモンが大きく関わっている脱毛症です。

AGAは20歳代以降に発症するケースが一般的ですが、早いと10歳代、遅い場合は50歳代、60歳代で発症するケースもみられます。まず前頭部と頭頂部の髪の毛が産毛になり、額の生え際が後退して頭頂部の髪の毛が薄くなってしまうのがAGAの症状です。最終的には、前頭部から頭頂部にかけて髪の毛がない状態になります。ある調査によれば日本におけるAGA人口は1,260万人で、そのうち650万人は何らかのケアや治療を行ったことがあると報告されています。脱毛の症状はゆっくりと進行していき、次第に地肌が見えるようになっていくのが特徴です。

AGAが発症するメカニズムには、毛根の一番深い部分にある毛包の毛乳頭細胞や毛母細胞に存在する「5αリダクターゼ(5α還元酵素)」が大きく関わっています。5αリダクターゼは、男性ホルモンである「テストステロン」を男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」に変換する働きを持っています。これによって生成されたジヒドロテストステロンは、毛母細胞の分裂を抑制してAGAを引き起こします。

本来、テストステロンは筋肉や骨を作ったり、精子を生成したりといった重要な役割を担っている大切な男性ホルモンです。また、5αリダクターゼは男性ホルモンの働きを補助する重要な役割を担っている酵素です。両者とも健康な体を作るために不可欠な存在ですが、髪の毛にとってはマイナスに機能することがあるのです。

AGAの原因とは?

AGAはジヒドロテストステロンが原因で髪の毛が十分に成長せず、ヘアサイクルが乱れるために発症します。ヘアサイクルとは、髪の毛が生え始めてから、成長して伸びて、抜け落ち、新しい髪の毛が生えるまでの周期のことで、大きく「成長期」「退行期」「休止期」の3つの段階に分けることができます。このうち最も長い期間は成長期で、2年~6年程度続くのが一般的です。成長期には毛母細胞が活発に分裂し、髪の毛は長く太く成長します。成長期が過ぎると、髪の毛の成長が停止する「退行期」がやってきます。退行期は2週間~3週間程度続くのが一般的で、さらにこの退行期が進むと髪の毛が抜け落ちる休止期に入ります。休止期には毛根が浅く抜けやすい位置にあり、毛穴の奥で成長し始めた新しい髪の毛に押し出される形で古い髪の毛が抜け落ちます。

AGAになると、ヘアサイクルのうち成長期が短くなります。成長期が短いと髪の毛は十分に成長しないまま退行期・休止期へ移行することになり、だんだんと生える髪の毛よりも抜ける髪の毛のほうが多くなっていくのです。

AGAは、遺伝によって「発症する確率」が左右されます。自身がAGAになりやすい遺伝子を持っているかどうかは、一部のAGA専門クリニックで検査することが可能です。AGAは早期に治療を開始すれば進行を抑えることができるため、少しでも気になることがあれば医療機関で検査を受けましょう。

AGAの種類

AGAは進行パターンから種類を分類することができます。
皮膚科医の高島医師が「高島分類」というアジア人に多く見られる進行パターンを作りました。それによると、アジア人は欧米人に比べ頭頂部がO型に脱毛していくVertex型が多いのが特徴です。

AGAの治療法

日本皮膚科学会は「フィナステリド」、「デュタステリド」、「ミノキシジル」の3種類の薬を推奨しており、Dr.AGAクリニックでもこの3種類を主に治療を進めていきます。

質問:フィナステリドの内服は有用か?
回答:
推奨度:A(男性型脱毛症)
推奨分:男性型脱毛症にはフィナステリドの内服を行うよう強く勧める。

質問:デュタステリドの内服は有用か?
回答:
推奨度:A(男性型脱毛症)
推奨分:男性型脱毛症にはデュタステリド内服を行うよう強く勧める。

質問:ミノキシジルの外用は有用か?
回答:
推奨度:A
推奨分:ミノキシジル外用を行うよう強く勧める。

日本皮膚科学会ガイドライン
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

フィナステリド

フィナステリドは、II型5αリダクターゼの働きを阻害する薬です。フィナステリドはAGAの原因であるジヒドロテストステロンの産生を抑制するため、服用することでAGAの進行を食い止めることができます。一般的に6カ月ほどでAGAの進行抑制を確認できますが、継続して内服すると発毛効果を感じる方もいます。AGAの進行度合いや年齢によって効果を実感するまでの期間は異なるため、根気よく治療を続けることが大切です。

デュタステリド

デュタステリドは、フィナステリド同様厚生労働省に承認されたAGA治療薬であり、フィナステリドがII型5αリダクターゼのみに働きかけるのに対してデュタステリドはI型5αリダクターゼ・II型5αリダクターゼの両方の働きを阻害します。また、II型5αリダクターゼを阻害する力は、フィナステリドより強力であるとされています。

ミノキシジル

ミノキシジルは、もともと血圧降下薬として開発された薬です。副作用として多毛の症状がみられたことから、AGA治療薬として転用されました。効果を実感するためには6カ月~1年間ほどの投与が望ましく、途中で投与を中止すると数カ月で効果は失われます。国内外問わず、ミノキシジルはフィナステリドやデュタステリドと併用して治療に使われることが少なくありません。なお、薬局で販売されるミノキシジルは、外用薬のみ認可されています。

AGA治療の期間

AGA治療による発毛効果を確認するためには、6カ月~1年の期間が必要です。

AGA治療薬の服用を止めてしまった場合、その効果は数カ月後には消失し、AGAは再度進行し始めます。せっかくの発毛効果を持続するためにも、治療期間に関わらず、治療中止や代替医療への変更をお考えの際は医師とよく話し合って下さい。

AGAの完治

AGAは進行性の脱毛症であるため、今のところ完治させることは難しいとされています。AGA治療は、発毛とAGAの進行抑制によって、髪の毛量低下を気にしないで生活するための治療です。

坂口 海雲院長

医療法人 笑顔会 Dr.AGAクリニック

総院長 医師 坂口 海雲

  • H21 大阪市立大学医学部 卒業
  • H23 大阪市立大学循環器内科 入局
  • H23 ベルランド総合病院
  • H24 川崎病院 臨床助教
  • H25 大阪市立大学病院
  • H28 福島吉野スマイル内科・循環器内科 開院
  • R2 Dr.AGAクリニック 総院長就任