呼吸法③

3.息を吐くことに重点を

副交感神経をはたらかせるために、息を吐くことに重点をおきます。

3秒吸ったら、6秒かけて吐く、といったようにゆっくりと吐くようにしましょう。

そして、息を吸うのは鼻から、息を吐くのは口からです。

まず、ゆっくりと鼻から息を吸います

腹式呼吸法なので、息を吸いながらお腹を膨らませていきます。

肺の中いっぱいに新鮮な空気が行きとどくイメージで。

次に、もっとゆっくりと口から息を吐いていきます

息を吐きながらお腹をへこませていきましょう。

口を大きくあけて「ハァーッ」と吐くのではなく、口をすぼめて「フゥーッ」と吐いていきます。

まさにロウソクの火を消すときのイメージ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました