AGA

遺伝の薄毛

AGA

「父親が薄いから将来はげる」とよく耳にします。

が、しかしその答えは「No」です。

男性のあなた、女性のあなたのパートナーや家族が将来男性脱毛症(AGA)、薄毛、ハゲになる可能性が高いかどうかの判断基準になるのは、対象男性の母方の直系に薄毛の人がいるかどうかです。

何故ならば、AGAの遺伝はX染色体に存在するといわれるため、女性(母)側の遺伝子に影響されるというわけです。

現代社会では遺伝だけでなく「生活習慣」「食生活」「ストレス」で女性までもが薄毛で悩まされています。

なので一概には言えませんが、ひとつの目安と思っていてください。

この記事の監修医師
総院長

Dr.AGAクリニック総院長 坂口海雲

H21 大阪市立大学医学部 卒業
H23 大阪市立大学循環器内科 入局
H23 ベルランド総合病院
H24 川崎病院 臨床助教
H25 大阪市立大学病院
H28 福島吉野スマイル内科・循環器内科 開院
R2  Dr.AGAクリニック 総院長就任

error_outline 当サイトのコンテンツはDr.AGAクリニック総院長 坂口海雲の監修により運営されております。