Dr.AGAクリニックが考える「前頭部(M字)の薄毛の原因」とは?

薄毛治療 薄毛予防

原因(1):男性ホルモン

前頭部の薄毛は、男性ホルモンの影響によって起こる「男性型脱毛症(AGA)」の代表的な症状です。

男性型脱毛症は「前頭部から薄毛が進行するタイプ(M字ハゲ)」と「頭頂部から進行するタイプ(O字ハゲ)」に分けられます。

また、前頭部と頭頂部の両方から進行する場合もあるのです。

■ジヒドロテストステロンが男性型脱毛症を引き起こす

男性型脱毛症は、男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン(DHT)」のはたらきによって起こります。

髪の毛は3~6年程度の周期で生え変わっています。

ジヒドロテストステロンには髪の毛の成長期間を短くする作用があり、ジヒドロテストステロンが過剰に分泌されると髪の毛が充分に成長しないまま抜けてしまいます。

その結果、髪の毛が細くなって薄毛の症状が起こってしまうのです。

■5αリダクターゼがジヒドロテストステロンを生み出す

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンの「テストステロン」が「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素と結びつくことで生成されます。

5αリダクターゼは前頭部や頭頂部の毛根に多く存在しているため、男性型脱毛症は前頭部や頭頂部から進行します。

男性型脱毛症を防ぐためには5αリダクターゼのはたらきを抑え、ジヒドロテストステロンを減らす必要があります。

≪ POINT ≫

運動することは体にも、健康を維持するためにも必要とされていることです。

しかし、薄毛を進行させてしまう「無酸素運動」には気をつけましょう!!

無酸素運動には、ジヒドロテストステロンを増やしてしまう作用があるのです。

有酸素運動と無酸素運動の違いは?

■ 有酸素運動・・・いわゆるダイエットに効果的な運動といわれているもので、長時間続けられるほど負荷が軽い運動のこと。

( マラソン、ウォーキング、サイクリング、etc、、)

■ 無酸素運動・・・すぐに力尽きる程負荷が重い運動のこと。

( 短距離走、腹筋、スクワット、ダンベル運動、etc、、)

Dr.AGAクリニックがある難波にもたくさんのスポーツジムがあります。

薄毛治療中や、体を絞りたいなど、自身のお身体の状況に合わせた運動プランを考えることも大切だと言えるでしょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました