免疫力を低下させないための習慣②

Dr.AGAクリニック(旧:Dr.スキンクリニック)なんば院

②適度な運動で筋肉を落とさず内臓も元気に

適度な筋肉量を保つこと、そして適度な運動が身体をあたためるためには一番効率的であります。

体脂肪率が高いとそれだけでも冷えやすくなるため、低体温の人は血流が悪く内臓の機能もしっかりと維持できません。

血流が少ないので常に生まれ変わる細胞分裂もうまくいかなくなるというわけ。

消化管自体を直接的に鍛えることはできませんが、筋肉を落とさないようにして、適度な運動をすることで粘膜の血流をよくしていくことはできます。

少し汗ばむくらいの運動を1日1回のペースで行いましょう!

日常だと例えばエスカレーターやエレベーターを使わず階段を段とばしで上がるのもオススメです。

ストレスになるほど頑張るとそれも免疫力低下につながりますので疲れを残さない程度の運動を休息をとりながら行うことがポイント。

例えば、ヨガは自分の体力や体調に合わせて実践できるのでオススメであります。

AGA治療専門のDr.AGAクリニック大阪難波院からも同じことが言えます。血行不良を改善するためとはいえ体の鍛えすぎには注意ということ。

下記のブログを参照にしてみましょう。

筋トレとAGA・薄毛の関係

こんにちは!Dr.AGAクリニック難波院です。 本日はご質問の多い筋トレと薄毛の関係についてお答え致します。「〇〇をするとはげる」という根拠のない噂は、世代や地域に関わらず様々なところで存在しています。その噂の1つとして「筋トレをするとはげる」という話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?Dr.AGAクリニックの近くの難波の近辺や大阪にもたくさんのトレーニングジムがあります。本来、筋トレ … 続きを読む 筋トレとAGA・薄毛の関係Dr.AGAクリニック(旧:Dr.AGAクリニック)大阪難波駅徒歩1分 公式ブログ 0 コメント

Dr.AGAクリニック公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました