花粉症シーズン真っ只中!アレルギーを悪化させる食材

Dr.AGAクリニック(旧:Dr.スキンクリニック)なんば院

今回は、アレルギーを悪化させる食材について紹介したいと思います。

■ファーストフード

ファーストフードでよく含まれる【トランス脂肪酸】

このトランス脂肪酸は免疫力を低下させる食品とされています。

薄毛の進行にもよくないので食べ過ぎはオススメできません。

■砂糖

砂糖には粘液のぶんぴつを促す成分が含まれていて、これがアレルギー症状を悪化させる可能性があります。

■生のトマト

ヒスタミンを多く含んでいる為アレルギー症状をお持ちの方にはあまりよくありません。

スギ花粉症やヒノキ花粉症の方は生のトマトを控えることをおすすめします。

■乳製品

牛乳やチーズなどは食物アレルギーや花粉症の引き金になりやすいといわれています。

■ウリ類

秋に多いブタクサ花粉症の人はウリ類(スイカ、メロン、キュウリなど)は控えることをおすすめします。

■ソーセージやハム

加工食品のソーセージやハムには亜硝酸塩は含まれていることがあります。過敏性を高める刺激物質が含まれているので、花粉症の症状がひどくなる可能性があります。

■マーガリン

マーガリンもファーストフード同様【トランス脂肪酸】が多く含まれます。細胞や粘膜が弱まり結果としてくしゃみや鼻水といった症状が出やすくなります。

Dr.AGAクリニック公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました