AGA

マイクロスコープについて

AGA

こんにちは。

Dr.AGAクリニック 新橋院です。

今回は無料カウンセリング時に行う、マイクロスコープについてお話します。

AGAの原因はDHTという強力な男性ホルモンだということは、以前もお話をしたかと思いますが、AGAやFAGAの診断に血液検査などの判断材料はありません。

その為、詳しい問診とマイクロスコープでの診断が必須となります。

DHTが生成される要因として5aリダクターゼという還元酵素がありますが、この還元酵素は前頭部と頭頂部のみに存在し、側頭部や後頭部には存在しません。

AGAやFAGAが進行した前頭部や頭頂部の髪の毛(毛根部分)をマイクロスコープで確認すると、側頭部や後頭部に比べて明らかに毛が細く、一つの毛穴から出る本数も減っています。

遺伝的要素とマイクロスコープ診断が合わさり始めてAGA・FAGAの診断確定となります。

一度ご来院頂き、ご自身の毛根や頭皮の状態を確認されてみてはいかがでしょうか。

ご自宅でネットの情報や噂に振り回され心配になるのではなく、専門知識を持った医師とカウンセラーにご相談を頂く事で不安もなくなり、適切な治療を開始して頂けます。

治療経過では3カ月に一度程度、お写真で治療効果の確認、ご希望があればマイクロスコープでの再確認も可能です。

まずはお気軽に無料カウンセリングにてご相談を頂ければと思います。

マイクロスコープ
マイクロスコープ

コメント

タイトルとURLをコピーしました