女性ホルモンの効果

薄毛の原因

女性の健康で大切な女性ホルモン。

ホルモンは体内で分泌される物質で様々な器官や物質をコントロールしており、その中でも女性のカラダやリズムに大きな影響を与えるのが女性ホルモンです。

女性ホルモンでも代表的なのがエストロゲンでエストロゲンは女性らしいカラダをつくる働きがあり女性の心身にとって重要なホルモンです。

  1. 肌や髪にハリや潤いを与える
  2. 脳や自律神経に働きかける
  3. 骨の密度を保つ

他にも働きはありますが、ざっとあげてもこれだけの働きを持っているのが女性ホルモンになります。

女性ホルモンは20代後半から30代前半をピークに減少していき45歳から55歳にかけて激減していきます。

「イライラ」「不安感」「急な汗」など女性特有の“ゆらぎ”が起こるのはこの頃です。

さらにこの年代は生活環境的にも家庭や仕事で、疲れやストレスがたまりやすく、若い頃のようにムリが効きにくくなるためホルモンバランスが乱れがちです。
逆に言えば、この女性ホルモンの減少に対しての対策をしっかりすることが、“ゆらぎ”の緩和にもつながるのです。

女性ホルモンを安定させる方法

  1. バランスの良い食事
  2. 良質な睡眠
  3. 適度な運動

女性ホルモンを安定させるためには健康的な生活習慣を心がけることが大切です。

また女性ホルモンと似た作用をする大豆イソフラボンを摂取することも良いとされております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました