セロトニンとは

生活習慣

セロトニンは、人間の精神面に大きな影響を与える神経伝達物質です。

セロトニン・ドーパミン・レアルアドレナリンは体内で特に重要な役割を果たす、

“三大神経物質”といわれています。

セロトニンが不足すると精神のバランスが崩れ、暴力的になったり、うつ病を発症したり、心身に不調をきたすようになります。

現代人は生活習慣が乱れると同時に、セロトニンの分泌量が低下し、常にセロトニンが不足している状態にあるといえます。

セロトニンは、精神安定剤とよく似た分子構造をしています。

セロトニンの分泌が盛んであれば精神状態は安定し、逆にセロトニンが不足することで、慢性的なストレスや疲労、向上心の低下、意欲低下、協調性の欠落、うつ症状、不眠といった症状が現れます。

セロトニンの分泌が減る最大の要因はストレスです。

セロトニンは幸せホルモンと呼ばれていますが、ストレスが溜まれば溜まるほど、幸せホルモンを削って消費していくというと分かりやすいでしょうか。

さらにストレス状態が続くと、セロトニン欠乏脳という状態に陥ります。

目覚めが悪い、心のバランスが不安定、自律神経失調症など多岐に渡る症状が現れます。

症状が進むにつれ、鬱や不安障害など、精神疾患を抱えてしまうことも少なくありません。

日々の生活の中で意識的にセロトニンを増やすことができれば、心のバランスが安定しポジティブな思考ができるようになります。

セロトニンがしっかり分泌されていれば、分泌されていない時に比べ、ストレスに対する耐性も強くなるでしょう。

次の記事では、明日から始められる“セロトニン分泌習慣”についてご紹介をしていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました