低気圧症の改善法

生活習慣

気圧の変化で起こる低気圧症の症状は、頭痛・神経痛・めまい・肩こり・首痛・腰痛・眠気・気分の落ち込み・うつなどを引き起こし、その症状は多岐に渡ります。

気圧の変化を感じるセンサーは、耳の奥にある内耳だと考えられています。

耳周辺の血行が悪くなると内耳が浮腫んで過敏になり、低気圧症を起こしやすくなります。

その為、雨が降る前や低気圧症が起こりそうなときには、内耳の血行をよくすることが効果的な予防方法になります。

内耳の血行を促すには、耳の後ろにあるツボを温めることが効果的。

耳の後ろにある、完骨というツボをホットタオルなどで温めましょう。

また、マッサージで血行改善も行いましょう。

他の部位と違って、耳は意外に動かすことの少ない場所です。

両耳を手でつまんで上下や横にひっぱったりつまんだりして、耳と耳の周りをもみほぐすことで、血行がよくなり内耳の血行不良改善に効果的です。

マッサージは症状が出る前に行うのが最も効果的です。

移動中のバスや電車の中でも簡単に行えるので、習慣化してしまうのが良いでしょう。

耳の血流を意識すれば、低気圧症の不快な症状を抑えることができます。

梅雨に入ったこの時期には、特に意識してマッサージを行いましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました