外用薬で炎症

頭皮トラブル

当院にカウンセリングにいらっしゃる患者様の中には、市販の外用薬で頭皮に炎症を起こしている方がいらっしゃいます。

脂漏性皮膚炎やアトピーなどの疾患とは別に、頭皮が赤く腫れあがりニキビのような膿を持っている場合もあれば、膿が漏れ出し、出来物が潰れてしまっている場合もあります。

患者様は痒みや痛みを訴えられており、AGA治療を始める事は可能でも、優れた頭皮環境とは言えない状態です。

炎症が進み、膿が漏れ出した出来物はかさぶた状に固まります。

そのかさぶたが自然に剥がれ落ちるのを待たずに、爪などで引っ掻いて取り除いてしまうと、髪の毛ごと根こそぎはぎ取られ、小さな脱毛斑を生じます。

あまりにも傷が深い場合には、髪の毛が生えづらい環境を作りだし、脱毛斑が残ってしまう可能性があります。

一般的な市販の外用薬の場合、有効成分の濃度が定められているため、重大な副作用は少ないと考えられています。

しかし、生活習慣の乱れやヘアケアの怠りがある頭皮であれば、皮膚が薄くバリア機能も低下しているために、副作用が強く生じる場合があります。

医師の問診がない外用薬などは、副作用が出ても自己責任・自己判断での治療が必要となります。

髪の毛を生やしたい一心で、肌質に合わないお薬を使用するのは避けましょう。

また、使用した外用薬で頭皮環境の乱れが起きた場合には、皮膚科医に相談されることをお勧め致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました