逆流性食道炎の改善には

病気

逆流性食道炎は、口または鼻から細い内視鏡を食道に入れて、食道の粘膜の状態を直接観察することで、確認します。

炎症などによる粘膜の障害が認められれば逆流性食道炎と診断できます。

医療機関に受診の予約をすると検査前日の夜から食事の制限などがありますが、癌やその他の病気がないかを確認するために必要な検査となります。

治療方法として、薬の処方や生活習慣改善の指導が一般的ですが、症状を繰り返し再発に苦しむ患者様もいらっしゃいます。

逆流性食道炎は、喫煙や生活習慣の乱れが原因と考えられるほか、ストレスも大きな原因です。

ストレスが溜まると、自律神経の乱れにより胃の入り口の締りが悪くなってしまうため、胃酸が逆流することになります。

胃と食道の間には、食道下部括約筋というものがあり、この筋肉が働いているときは胃酸の逆流を防ぐことができますが、自律神経が乱れることによってこの食道下部括約筋の機能が低下し、胃酸が逆流することで逆流性食道炎となります。

薬の服用で、胃酸の逆流を防ぐことができても、それは根本的解決にはなりません。

自律神経の乱れを改善するために、ストレスの根本を取り除くもしくは解決しなければなりません。

暴飲暴食や喫煙が原因となって逆流性食道炎になった方の場合、生活習慣や薬の処方で症状が改善される可能性がありますが、ストレスによる自律神経の乱れで逆流性食道炎になった場合には、自分に自由を与え、リラックスする時間を作るなど余裕を持つこと大切なのかもしれません。

AGA治療にとっても、ストレスは禁物です。

ストレス発散が難しい方もいれば、自分の自由時間が限られる方もいるかもしれません。

それでも、体は資本です。

健康のために、自分自身と向き合う事から初めてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました