眼精疲労

生活習慣

目に負担をかけすぎると、目の中の細胞や筋肉が疲れ、気が付かないうちに目に負担をかけ続けることになります。

疲れによって目に不調を来す症状を総称して“眼精疲労”といいます。

眼精疲労は、目の使いすぎによって、目だけではなく全身に疲れが生じる症状の事を指しますが、原因は様々です。

テレビやパソコン、スマートフォンの長時間使用やメガネやコンタクトの不具合、コンタクトをしたまま眠りにつくなど、目に負担がかかる日常生活はもちろんのこと、精神的なストレスが原因となることもあります。

眼精疲労の症状が生じると、休息や睡眠をとっても十分に疲れが回復しない場合があります。

目のピントを調整する毛様体筋は自律神経によって支配されているため、目を使いすぎて毛様体筋が疲れると、自律神経のバランスも崩れ、自律神経失調症のような症状も全身に現れることがあります。

代表的な症状は、目が重い・まぶしい・目のかすみ・乾燥・充血・まぶたの痙攣・まばたきの回数増加・頭痛・肩こり・イライラ・吐き気などです。

全身症状が出ている場合、眼精疲労によって体調を崩しているとは思いもしない方がほとんどでしょう。

しかし、目の疲れから生じる症状は、意外にも体に大きな負担をかけています。

体調がすぐれない時は、まず目の疲れを疑ってみてもよいのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました