女性ホルモンの減少

生活習慣

女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量は、18~40歳ぐらいの間が最も多く、40歳以降に徐々に減少し始め、閉経の前後で急激に減少します。

更年期と閉経の時期、年齢によっても女性ホルモンの分泌量は大きく左右されるのです。

ホルモン分泌量の変化が大きい閉経前後の約5年間を更年期と呼びます。

閉経前に女性ホルモンの分泌が低下する一番大きな原因は、ストレスだと考えられています。

ストレスは女性の身体に大きな変化を及ぼします。

ストレスは自律神経のバランスを崩し、時に月経不順や無月経などの婦人科トラブルを引き起こすだけではなく、自律神経失調症やうつ病など、心のトラブルを引き起こす可能性さえあるのです。

エストロゲンは脳の保護にも大きく関係しています。

エストロゲンの分泌が低下すれば、脳の働きも低下することになるため、物忘れがひどくなる可能性があります。

その他、不規則な生活や睡眠不足、過度なダイエット、運動不足や体の冷えなども、女性ホルモンの分泌が低下する原因として挙げられますので、日常生活の中でも注意が必要となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました