男性ホルモンとは

生活習慣

男性ホルモンはアンドロゲンとも呼ばれるステロイドホルモンの事を指し、メインになるテストステロンの他、ジヒドロテストステロン(DHT)、デヒドロエピアンドロストロン(DHEA)、アンドロステロン、アンドロステンジオン、エピアンドロステロンなど、豊富な種類があります。

男性の場合、約95%が睾丸(精巣)の中で、残りの5%が副腎で分泌されていると言われています。

テストステロンは、筋肉量の増加・男性機能の維持・集中力を高める(高次精神機能)・内臓脂肪やメタボリック症候群などに関係しています。

特に、筋トレなどを行い筋肉量の増加を望む方にとっては必要不可欠なホルモンになります。

テストステロンは男性にとって非常に大切な物質ですが、20代をピークに年齢とともに減少していきます。

加齢にともなうテストステロンの減少は、身体的・精神的な症状をもたらします。

身体的な症状の特徴は、疲労感や倦怠感・性欲低下や勃起不全などの男性機能の低下・不眠や肩こりなどが挙げられます。

精神的な症状の特徴は、気力の衰え・集中力の低下・イライラなどが挙げられます。

テストステロンが減少した際に起こる症状は男性の更年期障害ともいわれています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました