冷房病の症状

生活習慣

冷房病の症状は、多岐に渡ります。

体や手足の冷え・体がだるい・疲れやすい・食欲不振・頭痛・肩こり・腰痛・不眠・便秘・下痢などの症状の他、自律神経の乱れも引き起こすため、免疫やホルモンの働き・バランスにも影響があり、女性の場合は生理不順や生理痛をひどくしてしまう可能性さえあります。

一見、夏バテのような症状も含まれるため、見分けがつきづらく対処法が分かりづらくなってしまうことも厄介な点です。

冷房病を避けるため、冷房の効きを弱めすぎることによって、夏バテだけではなく熱中症のリスクを高めてしまう危険性もあります。

また、人によっては風邪のような症状に悩まされることもあります。

冷房をかけすぎることで、室内の空気が乾くため粘膜の乾燥が進み、鼻水やせきなどの風邪症状がでることがあります。

さらに、乾いた粘膜にはウィルスなどが付着しやすくなりますので、本当に夏風邪を引いてしまうケースも少なくありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました