冷房は朝までつけておこう!

生活習慣

暑い夏の夜には、一晩中冷房を付けておくことで室内の温度が安定します。

室温が28℃より高くなることで熱中症に陥る危険性が上がりますので、室温が28℃以上にならない範囲で、好みの温度設定を行いましょう。

冷房の温度を低く設定するときには、少し暖かめのパジャマや部屋着・毛布をかける、冷房の温度を高く設定するときには、薄手のパジャマやタオルケットをかけて眠りにつくなど、室温に適したバランスの取れた服装を心掛ける事も、良質な睡眠時間の確保にはとても大切です。

冷房を付けずに眠りにつくと、発汗量が上がります。

汗をかくのは自律神経の影響でもありますが、寝ている間に発汗を繰り返す事で、自律神経は必死に体温を下げようと頑張り続けます。

つまり、寝ている間も体を酷使し、体力を使い続けているということになります。

これでは、疲れがとれるはずもなく、余計に疲労が蓄積される原因ともなります。

暑い夏を乗り切るには、体力がなければいけません。

適切な温度・湿度・服装で、無駄な汗をかくことなく、快適な夏の夜をお過ごしください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました