口内炎予防

食生活

口内炎の予防法についてご紹介します。

・口の中を清潔に保つ

口内炎は口の中に細菌が増える事で発症します。歯磨きや、マウスウォッシュ、食後にうがいなどをし、口内を清潔に保つことが大切です。

・口の中を乾燥させない

口の中が乾燥してしまうと、細菌増えやすい口内環境になり口内炎になりやすくなってしまいます。鼻炎や鼻ずまりで口呼吸が習慣になってしまっている場合は耳鼻科などに相談してみましょう。

・規則正しい生活

不規則な生活は自律神経を乱し、身体の抗体力を弱めてしまいます。自律神経が乱れると、免疫機能が正常に機能せずその結果口内炎ができやすくなってしまいます。唾液の分泌も自律神経でコントロールされているため、自律神経が乱れる事により唾液の分泌が少なくなり、口内が乾燥して細菌が増え口内炎が起こりやすい口内環境になってしまう為、規則正しい生活をおくることはとても大切です。

・栄養バランスのある食事

バランスの悪い偏った食生活も口内炎を引き起こす大きな要因になります。ビタミンCは免疫力を高める働きがあり、ビタミンAやビタミンB類も口内炎を予防する働きがあります。

・歯磨き、うがい

口の中を清潔に保つことは口内炎予防としてとても大切です。口の中の粘膜を傷つけないように柔らかい歯ブラシや刺激の少ない歯磨き粉を選ぶことも大切になります。

口内炎は日々の生活習慣を改善するだけでも予防が出来ます。ですがただの口内炎だからと判断した結果に、実は疾患が隠れている場合もあります。口内炎ではなく白血病や舌癌、手足口病だったというケースもある為、注意が必要です。

症状が長引いたり範囲が広がったりと気になる点があれば医療機関へ受診し相談することも大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました