髪に悪影響を及ぼす生活習慣

生活習慣

髪に悪影響を及ぼす生活習慣を続けていると抜け毛や薄毛など、さまざまなトラブルの要因が生じます。

AGAは日々の生活習慣をきっかけに悪化していくことを覚えておきましょう。

今回の記事では、髪に悪影響な生活習慣をご紹介します。

【体の冷え】

髪の健康を維持するために、頭皮の血流を促すことはとても大切になります。冷え性は体の血流が悪い状態であり、同時に頭皮の血流を悪くする要因にも繋がります。デスクワークで長時間座っている状態や、運動不足、飲酒や喫煙は冷え性に繋がりやすい生活習慣だといえます。

冷えを解消するには、運動する・湯船に浸かる他、生姜などの体が温まるものを食生活に取り入れるなど、意識して生活習慣を改善する必要があります。

【紫外線】

紫外線が髪の毛に与える影響を気にされていない方が多いように感じますが、紫外線は肌だけではなく、髪や頭皮にもダメージを与えている事はご存知でしょうか。紫外線はヘアカラーの持続性の低下や、枝毛、パサつきなど髪の毛のトラブルに繋がります。

夏季など日差しが強い季節は特に、帽子や日傘などで紫外線対策を行いましょう。

【睡眠不足/夜更かし】

睡眠時には成長ホルモン(髪の成長に関係するホルモン)が分泌されますが、寝不足や夜更かしを続けていると、成長ホルモンの分泌が減少し髪の毛の成長に悪影響を与えてしまうと考えられています。髪の毛だけではなく、さまざまな体の不調にも繋がりますので、注意しましょう。

【食生活】

髪の毛はタンパク質をはじめさまざまな栄養素から作られています。食べているものが偏っていると、髪質や髪の成長にも悪影響を及ぼすことになります。

豆類や乳製品、卵、肉、魚などはタンパク質が豊富に含まれています。日々の食事に取り入れるように意識をすることが大切です。

一度に改善しようと躍起になると、ストレスを抱える原因になり逆効果です。

少しずつ生活習慣を見直し、確実に生活改善を行いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました