健康情報

プロテインの効果

健康情報

髪の毛は主に《ケラチン》と呼ばれるタンパク質で構成されています。

ケラチンは18種類のアミノ酸が結合してできたタンパク質で、不足するとコシがなくなり細毛になる、艶がなくなる、成長が遅くなるなど健康な髪の毛が育たず、薄毛になる恐れがあります。

プロテインを摂取することで髪の毛に必要な栄養を摂取することができ、育毛にも効果的だと言われています。

プロテインは原料によって、4種類に分けられます。

ホエイプロテイン

ホエイプロテインは、牛乳に含まれる動物性タンパク質のひとつです。

ミネラルや水溶性ビタミンの他、筋肉成分の多くを占めるアミノ酸が含まれており、筋肉修復効果も期待されています。

カゼインプロテイン

牛乳に含まれるカゼイン蛋白を原料にしているプロテインです。

体への吸収スピードが緩やかなので満腹感が持続し、ダイエット中にもお勧めです。

ソイプロテイン

大豆由来の植物性タンパク質です。

タンパク質だけでなく、食物繊維や大豆イソフラボンも摂ることができます。

大豆イソフラボンは女性ホルモン《エストロゲン》と化学構造が似ていて同じ働きをしてくれるので、イライラの緩和や健康の維持、美肌・美髪の生成にも効果的です。

エッグプロテイン

卵を原料にして作られたタンパク質です。

白身部分はタンパク質が豊富で筋肉の増強をするのに有効です。

低脂肪で吸収も速いので筋トレ直後や起床後にお勧め。

4種類の中で、特に注目したいのがソイプロテイン! 

ソイプロテインに含まれる大豆イソフラボンにはテストステロンの抑制、コラーゲンの生成、高い抗酸化作用があり、血中コレステロールを減少させることで頭皮に血液が効率的に送られるようになります。

男性ホルモンのテストステロンは、酵素《5αリダクターゼ》が活性化する事でジヒドロテストステロンが発生し、ヘアサイクルに影響を及ぼします。

イソフラボンは酵素の産生を抑制し、テストステロンがジヒドロテストステロンに代謝するのを抑えてくれるので薄毛予防に期待できます。

進行中のAGAをイソフラボンの摂取のみで改善させることは難しいため、AGAが疑われる場合には早期にご相談ください。

この記事の監修医師
総院長

Dr.AGAクリニック総院長 坂口海雲

H21 大阪市立大学医学部 卒業
H23 大阪市立大学循環器内科 入局
H23 ベルランド総合病院
H24 川崎病院 臨床助教
H25 大阪市立大学病院
H28 福島吉野スマイル内科・循環器内科 開院
R2  Dr.AGAクリニック 総院長就任

error_outline 当サイトのコンテンツはDr.AGAクリニック総院長 坂口海雲の監修により運営されております。