AGA治療

フィナステリドとデュタステリド

AGA治療

フィナステリドはプロペシアの、デュタステリドはザガーロのジェネリック医薬品です。

フィナステリドはプロペシアに含まれる有効成分、デュタステリドはザガーロに含まれる有効成分です。ジェネリック医薬品はフィナステリドやデュタステリドが主成分となっている事が大前提となります。

効果の違いとしては、5aリダクターゼⅠ型とⅡ型の抑制力の違いです。

5aリダクターゼは還元酵素とも呼ばれ、AGAを引き起こすジヒドロテストステロン(以下DHT)の生成に必要な酵素の事を指します。

5aリダクターゼを抑制することによりDHTの生成が抑制されるため、抜け毛を抑えることが可能になります。

5aリダクターゼⅡ型は前頭部と頭頂部、Ⅰ型は側頭部と後頭部に存在するといわれており、

フィナステリドが有効な脱毛症は前頭部・頭頂部のみに症状が現れるAGA(男性型脱毛症)、デュタステリドが有効な脱毛症は前頭部・頭頂部・側頭部・後頭部にまで薄毛の範囲が広がる、びまん性脱毛症などがあげられます。

5aリダクターゼⅡ型の抑制に使用されるフィナステリドに比べ、Ⅱ型Ⅰ型の両方を阻害する効果のあるデュタステリドの方が、抜け毛予防に対しより高い治療結果を見出す事ができます。

ただし、効果が強くなるほど副作用も強く感じる可能性があります。

性機能不全の他、デュタステリドに関しては重度の肝機能障害を引き起こす可能性もあり、もともと肝機能に障害がある方の服用は注意が必要です。

デュタステリドは誰でも服用できる医薬品ではなく、妊娠中の女性が誤って飲んでしまうと、胎児の性機能に異常を起こす可能性があるため十分に注意が必要です。

また、フィナステリドとデュタステリドを併用することはお勧めできません。

 理由として副作用が増強される恐れや心臓疾患のリスクが高まる事、フィナステリドの効果はデュタステリドの効果に含まれており、デュタステリドには併用する必要のない強い効果があることなどが挙げられます。

男性の薄毛の場合は、薄毛の範囲によって処方される薬の種類が変わってきます。

効果や副作用についてご心配な方は、医師またはスタッフまでお気軽にご相談ください。

この記事の監修医師
総院長

Dr.AGAクリニック総院長 坂口海雲

H21 大阪市立大学医学部 卒業
H23 大阪市立大学循環器内科 入局
H23 ベルランド総合病院
H24 川崎病院 臨床助教
H25 大阪市立大学病院
H28 福島吉野スマイル内科・循環器内科 開院
R2  Dr.AGAクリニック 総院長就任

error_outline 当サイトのコンテンツはDr.AGAクリニック総院長 坂口海雲の監修により運営されております。