健康情報

長芋の栄養と効能

健康情報

長芋には健やかな髪の生成に効果的なタンパク質やカリウム、コラーゲン、ビタミン類など豊富な栄養素が含まれており、薄毛対策に有効です。

食物繊維も多く含まれ、とろろ特有のネバネバとした成分は胃の粘膜を保護して消化機能を高めてくれるので食欲が減退しがちな夏バテ中にもお勧めです。

長芋に含まれる主な栄養成分

タンパク質

タンパク質は、髪の成分の約9割を占める栄養素で、不足すると枝毛や切れ毛、薄毛、ハリやコシがなくなるなどヘアトラブルに繋がってしまいます。

ビタミンB1

タンパク質の代謝を促進する効果があるのが「ビタミンB1」です。

糖質をエネルギーに変換する際に必要な栄養素で疲労回復に役立ちます。

コラーゲン

髪のツヤやハリを良くする効果があります。

葉酸

赤血球の形成を助け、タンパク質の合成を促進し細胞の生産や再生をサポートします。

ビタミンE

抗酸化作用が高いため、酸化による髪や頭皮の老化を防ぐはたらきがあります。

ビタミンC

ストレスや病気に対する抵抗力を強めます。

さらに抗酸化作用もあるため、がんや動脈硬化の予防が期待されています。

カリウム

ナトリウムの排出を促し、浮腫みの解消や高血圧予防に効果的です。

消化の良い長芋と鉄分豊富なマグロで美味しい簡単レシピ

・長芋 お好みの量

・マグロのお刺身100g

・わさび

・醤油

1.長芋の皮をむき、すりおろす。

2.マグロを2センチ角に切る。

3.器にカットしたマグロを入れ、とろろをかける。

わさびを添え、醤油をかけたら完成。

(ネギや刻みのり、大葉や鰹節などお好みでトッピングしてくださいね)

マグロの赤身は低カロリーで高たんぱく、低脂肪でダイエットにもぴったりな上、鉄分やビタミンB12は貧血予防にも役立ちます。アミノ酸が多く含まれ、肝臓をサポートし老化予防にも◎

栄養価の高い長芋を日々の食事に取り入れて若々しい毎日を過ごしましょう。

この記事の監修医師
総院長

Dr.AGAクリニック総院長 坂口海雲

H21 大阪市立大学医学部 卒業
H23 大阪市立大学循環器内科 入局
H23 ベルランド総合病院
H24 川崎病院 臨床助教
H25 大阪市立大学病院
H28 福島吉野スマイル内科・循環器内科 開院
R2  Dr.AGAクリニック 総院長就任

error_outline 当サイトのコンテンツはDr.AGAクリニック総院長 坂口海雲の監修により運営されております。