ヒートショックに注意

健康

【ヒートショック】とは急激な温度差により血圧が大きく変動し、身体へ悪影響を及ぼすことです。 

失神や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こす恐れがあるため注意が必要です。

ヒートショックは気温が低い11月~1月の入浴時に多く発症します。

寒い脱衣所や浴室から熱い湯水に浸かることでヒートショックが起こるのです。

冬場のトイレは排便時に血圧が上昇し、排便後急激に血圧が低下することでヒートショックが起こりやすくなります。

いきみ過ぎに気をつけつつ、普段から便秘対策もしておくと良いでしょう。

ヒートショックによる死亡率は65歳以上の高齢者が多く、死者数は年間で7000人以上といわれています。消費者庁の調べによると、高齢者の不慮の事故による死因は、「転落・転倒」「誤嚥等の窒息」「不慮の溺死・溺水」の順に死亡が多いことが報告されています。 

ヒートショック時の症状

軽度:めまい、立ちくらみ 

【対処法】症状が落ち着くまで安静にする。

重度:呼吸困難、胸の痛み、頭痛、嘔吐、意識の消失、呂律が回らない

【対処法】1救急車を呼ぶ

     2浴槽の水を抜く

     3浴槽からゆっくり身体を引き上げて横になる 

ヒートショックになった人を見つけた場合は、口や鼻に水が入らないように浴槽の水を抜き浴槽から出して救急車を待ちましょう。

一人で担ぐことが難しい場合は溺れないように浴槽の水を減らしましょう。

頭痛や呂律が回らない、嘔吐、意識の消失の場合は脳卒中の恐れがあるので、直ぐに救急車を呼び無理に動かさず揺さぶったりしないように注意しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました