寒暖差アレルギーを防ごう

健康

寒暖差アレルギーの原因はまだ明らかにされていませんが、一因として自律神経の乱れや鼻の知覚神経の過敏自律神経のバランスが関係していると考えられています。

体内の環境は自律神経のバランスによって適切に保たれており、鼻の粘膜にある血管の収縮や拡張も自立神経によって通常はコントロールされていますが、激しい寒暖差による刺激を受けると自律神経のバランスが乱れ、鼻の粘膜の血管の収縮・拡張の調節がうまく行えなくなります。

結果的に鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの鼻炎の症状が現れやすくなります。

寒暖差アレルギーを防ぐには、体感する温度差を可能な限り少なくすることが大切です。

室内ではブランケットを使用したり、外出時には羽織物を持参するなど工夫しましょう。

首周りや手首・足首には太い血管が通っている為マフラーや手袋・靴下などでしっかり防寒することにより血流を促進することができます。

また、温度差だけでなくタバコの煙や、排気ガス、精神的ストレスなども自律神経のバランスを乱す要因となりますので刺激となる物を避ける、自律神経を安定させる運動を取り入れる、ストレスをこまめに解消するといったことも対策に繋がります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました