治療に使用されるお薬について②

【女性の場合】

スピロノラクトン

女性の薄毛対策に必要なお薬はスピロノラクトンです。

元々はアルダクトンと呼ばれるお薬で、アルダクトンのジェネリック医薬品にあたるものがスピロノラクトンとなります。

スピロノラクトンは、生理不順や妊娠・出産、閉経などに伴う女性ホルモンのバランスが変化することにより優位に立ってしまった男性ホルモンの量を調節し、女性ホルモンを優位な状態へ改善させる働きが期待できます。

その作用によって、FAGAやびまん性脱毛症によって増えた抜け毛の量を減らし、脱毛症の進行を遅らせることが可能とされています。

男性の場合は症状によって、フィナステリドとデュタステリドのどちらかのお薬を服用することにより抜け毛の減少を行いますが、女性の場合はFAGA・びまん性脱毛症などのどちらの脱毛症の場合でも、抜け毛の予防として使用されるお薬はスピロノラクトンのみになります。

治療初期には服用容量を少なめに設定し、副作用などの経過を見ながら薬の増量を行うことが可能になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました