男性ホルモン減少の原因

薄毛の原因

男性の薄毛の原因といわれている物質にジヒドロテストステロン(以下DHT)があります。

通常、髪の毛は成長期・退行期・休止期を経て抜け落ちるというサイクルを繰り返していますが、DHTは毛母細胞の働きを低下させるため成長期が短くなり、細く弱い髪の毛が生成されてしまうのです。

男性ホルモン(テストステロン)の量が多いとDHTの生成量が増えますが、テストステロンの量が少なすぎても5αリダクターゼが活性化してしまい、DHTの生成量が増加するといわれています。

※5αリダクターゼ:男性ホルモンの一種《テストステロン》と結合することによって、DHTに変換する酵素

テストステロンは適切な量であれば問題ないのですが、少なすぎても多すぎても薄毛に繋がってしまうのです。

■男性ホルモン減少の主な原因■

加齢

20代をピークに男性ホルモン(テストステロン)の分泌が低下しはじめ、身体的にも精神的にも不調を感じやすくなります。

テストステロンには、生殖機能の維持や骨格・筋肉の形成、内臓脂肪の蓄積を抑制するなどの働きがあります。

ストレス

過度に疲れやストレスを感じている状態が続くと、精巣からのテストステロン分泌が妨げられてしまいます。

睡眠不足

男性ホルモンは睡眠中に多く作られますので十分な睡眠が取れないと、男性ホルモンを生成できません。

運動を習慣化し、男性ホルモンの生成を促進しましょう。

運動不足

適度な運動には、男性ホルモンの分泌を高める効果があります。

喫煙・アルコール

男性ホルモンの減少とともに、生活習慣病やほかの病気を引き起こす恐れがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました