健康情報

梅雨時期の頭皮環境

健康情報

頭皮環境が悪化しやすい

梅雨は高温多湿でジメジメしている時期です。

頭皮も汗をかいたり、皮脂が多くなったりして毛穴も詰まりやすくなります。

そうなると頭皮が痒みや炎症を起こしやすくなり、頭皮環境の悪化につながります。

また梅雨の時期は雨で髪や頭皮が濡れることも増え、ゴミや埃も付着しやすくなります。

頭皮についた汚れは汗や皮脂と混ざり合うことで毛穴を詰まらせ、炎症や気になるニオイにつながる原因にもなります。

頭皮ケア

頭皮環境の悪化を防ぐには、毎日のシャンプーをいつもより丁寧に行い、汚れ・皮脂をしっかり落として清潔に保ち雑菌の繁殖を防ぐことです。

また頭皮の保湿も有効です。

保湿をすることで、肌のバリア機能が正常に保たれるため、紫外線や花粉などの外部刺激から頭皮を守ることができ、頭皮環境の乱れを防ぐことが可能になります。

これからの時期は頭皮のケアを意識して抜け毛予防を行いましょう。

この記事の監修医師
総院長

Dr.AGAクリニック総院長 坂口海雲

H21 大阪市立大学医学部 卒業
H23 大阪市立大学循環器内科 入局
H23 ベルランド総合病院
H24 川崎病院 臨床助教
H25 大阪市立大学病院
H28 福島吉野スマイル内科・循環器内科 開院
R2  Dr.AGAクリニック 総院長就任

error_outline 当サイトのコンテンツはDr.AGAクリニック総院長 坂口海雲の監修により運営されております。