AGA治療

ポストフィナステリド症候群とは?AGA治療薬プロペシアの副作用

AGA治療

「ポストフィナステリド症候群(PFS:Post-Finasteride Syndrome)」という言葉は皆さんご存じでしょうか?きっと聞き慣れない方がほとんどだと思います。

ポストフィナステリド症候群とはフィナステリドというAGA治療薬の副作用としてアメリカで報告されているものになります。フィナステリドを飲もうか検討されている方はどんなものなか不安になるかもしれませんが、知っておくことは大切になります。この記事を読んで治療を受ける前にしっかり理解しておきましょう。

AGA治療薬プロペシア

ポストフィナステリド症候群を説明する前に、まずはAGA(男性型脱毛症)治療薬のプロペシア(成分名:フィナステリド)が一体どんな薬なのか理解を深めていきましょう。

プロペシアとフィナステリドの違い

先ほどからプロペシアとフィナステリドというふたつの単語が並んでいて混乱する方もいらっしゃるかもしれないですが、「プロペシア」とは商品名であり、「フィナステリド」という有効成分を主成分としています。現在はプロペシアと同様の成分が配合されている「フィナステリド錠」という商品名で出しているジェネリック医薬品も販売されています。

フィナステリドはもともと前立腺がんや前立腺肥大症などの治療薬として研究が進められていた成分でです。臨床試験中にフィナステリドを服用した患者の発毛効果がみられたため、AGA治療薬として開発が進められました。

日本では2005年より販売が開始されており、現在最もスタンダードなAGA治療薬として普及しています。プロペシアは日本のみならず世界60か国以上の国で承認されている薬です。

フィナステリドの効果

プロペシア(成分名:フィナステリド)は、男性ホルモンの作用を抑制することで脱毛を防ぐ働きがあります。

男性ホルモンであるテストステロンは還元酵素「5αリダクターゼ」と結合することで悪玉男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン」へと変換されます。このジヒドロテストステロンは頭皮で男性ホルモン受容体と結びつくことで、毛母細胞の働きを抑制し正常なヘアサイクルを短縮し、どんどん薄毛になってしまいます。

プロペシアには5αリダクターゼの働きを阻害する効果があるため、ジヒドロテストステロンが生成されにくくなりAGAの進行を抑えることができます。

フィナステリドの効果は個人差がありますがだいたい3か月~半年ほどで現れるケースが多いようです。服用してすぐに効果が現れる薬ではないため一定期間服用を続ける必要があります。

ポストフィナステリド症候群とは?

「ポストフィナステリド症候群」とはフィナステリドの副作用が服用を中止した後でも、継続している状態のことをいいます。

フィナステリドの副作用には肝機能障害、勃起不全、リビドー(性欲)減退、精液量減少、射精障害、睾丸痛、抑うつ症状などがあります。服薬をやめると上記のような副作用は治まることが一般的ですが、それが解消されないことをポストフィナステリド症候群と呼んでいます。

しかしポストフィナステリド症候群はアメリカの高濃度フィナステリド治療薬「プロスカー」を長期投与した方にみられたと報告された現象です。日本で承認されているフィナステリドは1㎎に対しプロスカーはフィナステリドを5㎎含有しており、日本で処方されている5倍の濃度がある薬による症例の報告となっています。また、高濃度フィナステリドの長期内服により、悪性度の高い前立腺がんの発症リスクも高まるとされています。

個人輸入で高濃度フィナステリドを入手し服用するとポストフィナステリド症候群や前立腺がんの危険性があるため、必ず医療機関などで医師の診察を受け、国内で処方されている安全性の高いフィナステリドを服用するようにしましょう。

プロペシアの副作用

プロペシアも医薬品のため副作用があります。起こる可能性は低いですが、ポストフィナステリド症候群以外の副作用もあらかじめ確認しておきましょう。特に知っておきたい副作用は性機能障害、肝機能障害、抑うつの3つになります。

性機能障害

性機能障害とは、リビドー(性欲)の減少や、勃起機能不全、射精障害、精液の減少などを指します。

プロペシアによる性欲減退は1~5%未満、そのほかの勃起機能不全などは1%未満ほどの割合のため発生率はそれほど高くないといえます。しかし妊活中などにこの副作用が出た場合、妊活の妨げになる可能性もあるため医師に相談しておくのがよいでしょう。

肝機能障害

プロペシアの薬自体が身体に負担をかけるわけではないですが、薬剤自体肝臓で代謝されるため長期に服用していると肝臓への一定の負担はかかります。もともと肝臓が悪い方は慎重に検討しなければならないですが、内服中は定期的な血液検査でしっかり肝機能をチェックしていれば過度に心配する必要はないでしょう。ただし体調の異常を感じた場合には、直ちに服用を中止し、病院やクリニックに相談しましょう。

抑うつ

抑うつとは、気分が落ち込んで何もする気になれない、好きだったものも楽しめなくなる状態のことを指します。

プロペシアによって男性ホルモンの量が少なくなると抑うつ気分を引き起こしやすくなるといわれていますが、はっきりとした因果関係は分かっていないのが現状です。プロペシア服用中に気分の落ち込みが続いたり、死んでしまいたいと思ったりする場合は、早めに医師に相談しましょう。

プロペシア服用時の注意

プロペシアを服用するにあたりいくつか注意点がございます。また正しく服用することでプロペシアの効果が見込まれますので把握したうえで内服してください。

毎日決まった時間に服用する

プロペシアは1日1回1錠服用する薬です。飲む時間は決まっていませんが、毎日同じ時間に飲むことが重要になります。それはプロペシアの作用時間が24時間であるため持続的な効果を期待するためです。朝でも夜でもいいのでご自身の生活スタイルに合わせて、飲み忘れのない時間帯を決めて飲んでいただく必要があります。

ただ、夜にお酒を飲まれる方はプロペシアとアルコールの同時摂取で肝臓に大きな負担がかかってしまうため、夕食時の服用は避けたほうがよいでしょう。

女性・子どもの服用禁止

プロペシアは男性ホルモンに作用することで薄毛の治療をする薬です。女性が服用するとホルモンバランスが乱れ健康状態に悪影響を生じる可能性があるため、女性の服用を禁止されています。また妊娠中に女性が誤ってプロペシアを服用したり、割れたプロペシア錠に触れると皮膚から吸収して男性胎児の生殖器の発達を阻害するおそれがあります。妊娠中の女性がいる家庭では取り扱いに注意が必要です。

また、20歳未満の子どもの服用も、安全性や有効性が認められていないため禁止されています。

献血はできない

献血した血液が妊婦や授乳中の女性の体内に入るのを防ぐために献血もできません。献血を受けようと思っている方は、プロペシア成分が体内から排出される1ヵ月の期間服用を中止してください。

まとめ

ポストフィナステリド症候群と知らない名前だけ聞くと副作用に怖くなり内服することをためらってしまうかもしれないですが、どういうことで起こるのか理解すると不安も軽減されると思います。

ただやはりプロペシアには副作用や禁忌事項があり、注意しながら服用が必要にはなります。必ずクリニックで医師の診察と処方を受けましょう。

Dr.AGAクリニックでは、プロペシアやジェネリック医薬品のフィナステリド、そのほかのAGA治療薬を取りそろえており、症状やリスクに合わせた治療方法を提案します。治療費は初月980円、2ヶ月目以降は2,900円/月・8,900円/月・16,900円/月のコースがあるため、ぜひ無料カウンセリングを受けてみてください。

もし、治療効果が全く得られなかった場合は全額返金保証制度が活用でき、通院が難しい方に向けてはオンライン診療にも対応しております。「最近、薄毛が気になってきた」「まずは薬での治療を検討したい」という方は、一度お気軽にお問い合わせください。

この記事の監修医師
総院長

Dr.AGAクリニック総院長 坂口海雲

H21 大阪市立大学医学部 卒業
H23 大阪市立大学循環器内科 入局
H23 ベルランド総合病院
H24 川崎病院 臨床助教
H25 大阪市立大学病院
H28 福島吉野スマイル内科・循環器内科 開院
R2  Dr.AGAクリニック 総院長就任

error_outline 当サイトのコンテンツはDr.AGAクリニック総院長 坂口海雲の監修により運営されております。