AGA治療

AGA治療で体毛が濃くなるって本当?ミノキシジルの影響を解説

AGA治療

薄毛に悩んで髪の毛の量を増やしたくて始めたAGA治療薬のミノキシジル、なんだか体毛も増えてきた気がする…と感じた方もいるのではないでしょうか。

ここではミノキシジルによって体毛が濃くなるメカニズムから他の治療薬の体毛に対する影響についても説明していきます。

ミノキシジルを内服中の方もこれからAGA治療を始めようか検討している方も是非参考にしてみてください。

ミノキシジルの発毛を促進するメカニズムを詳しく解説

まずはミノキシジルの効果について細かくみていきます。ミノキシジルの発毛を促進させるメカニズムは「毛母細胞の活性化」と「血流促進」の2つの効果によって発毛効果が期待されています。

毛母細胞の活性化

ミノキシジルには髪の毛を成長させる因子であるインスリン様成長因子1(IGF-1)や血管内皮細胞増殖因子(VEGF)を増殖させる作用があります。

これらが髪の毛の成長に必要な毛母細胞を刺激して活性化させることで、発毛が促進されます。また、毛母細胞に対して酸素や栄養を送る毛乳頭細胞を増殖する作用も期待されているのです。

血流促進

ミノキシジルの薬はもともと高血圧の薬として開発されていました。それはミノキシジルには血管を広げることで血流を促進する働きがあるからです。

つまりこの血管拡張作用によって頭皮の血管に髪の毛の成長に必要な栄養や酸素が届きやすくなり、髪の毛が健康に成長できるため発毛効果があります。

この2つの効果はほかのAGA治療薬にはないミノキシジル特有の発毛効果になります。

ミノキシジルで体毛が濃くなる?

上記のような発毛効果があることから、望んでいる髪の毛の発毛以外に髭や眉毛などの顔の毛、脇毛や腕毛などあらゆる体毛に発毛効果が現れることがあるため、結果的に体全体の毛が濃くなることがあります。ミノキシジルの多毛症という体毛が濃くなる副作用がこれにあたります。

しかし体毛だけが濃くなり、髪の毛が生えてこないということは起きないと考えられています。ですので体毛の濃さが気なってきたということは、毛髪の発毛効果も感じてきていると思います。

内服薬と外用薬の違い

ミノキシジルには内服薬と外用薬がありますが、どちらも発毛のメカニズムは同じになります。

内服薬は血中から薬効を発揮するため外用薬より発毛効果、成分の吸収率が高いといわれています。また内服薬は経口から服用し血液に乗って全身に発毛成分が巡るため、内服薬のほうが効果が高い分、体毛増加の影響が多いといわれています。ミノキシジルの内服薬は副作用が強いため厚生労働省の承認を受けていないですが、未承認薬であるから違法というわけではなく、医療機関で診察を経て、処方することは認められています。

外用薬は、脱毛が気になる頭皮に直接塗布することで、有効成分が皮膚の中に浸透して毛根まで届き効果を発揮します。ミノキシジルが作用する部分は限られているため全身の体毛に影響するリスクも低くなります。外用薬はドラッグストアなどの市販薬でも販売されており気軽に手に入れることができますが、専門クリニックで処方するものより濃度が低いものになります。

発毛の効果が高く体毛が濃くなる可能性も高いのが内服薬で、発毛の効果が内服薬より劣るが体毛が濃くなる可能性が低いのが外用薬といえます。

増えた体毛は戻る?

体毛が濃くなってしまうともうこのまま戻らないのではないかと心配になってしまいますよね。でも安心してください、濃くなった体毛を戻す方法はひとつあります。それは薬の使用を中止することです。薬を中止することで体内から薬の成分が排出されて体毛は元に戻ると考えられています。

ただし、ミノキシジルの使用を中止するということは薄毛が進んでしまう可能性もあるということです。ほかの治療薬に変更したり使用量を減らす方法もあるので、自己判断で中止せずに医師に相談するようにしましょう。

体毛が濃くならないための外用薬の使い方

ミノキシジル外用薬で体毛が濃くなる可能性の高い部位は顔周りの体毛です。顔と頭皮は同じ皮膚1枚でつながっているため仕方がないのですが、それ以外にも薬液が顔や首に垂れてしまうことで濃くなる可能性もあります。薬液が付いた手で身体を触ってしまうとそこにも発毛効果が発揮されるかもしれません。外用薬の使用時は薬液が垂れないようにすることと塗布後の手で身体に触れないように気を付けて、不本意に体毛が濃くなるのを防ぎましょう。

ミノキシジルの他の副作用について

ミノキシジルを服用したときの体毛が濃くなる以外の副作用も理解しておきましょう。

初期脱毛

初期脱毛とは治療開始後の初期段階で起こる抜け毛の増加のことをいいます。多くの人にみられる副作用で、個人差はあるものの使用開始して2~8週ほどで起こる可能性があります。

AGAによって乱れていたヘアサイクルをミノキシジルが正常に戻そうとする過程で、古い髪の毛が新しい髪の毛によって押し出されるため脱毛が起こります。初期脱毛が起こると薬の使用をやめたくなるかもしれませんが、治療を続けるうちに初期脱毛はなくなりますので、治療を継続するようにしましょう。

肝臓への負担について

ミノキシジルに限らず内服薬は基本的に肝臓で代謝されるため、少なからず肝臓に負担はかかってしまいます。非常にまれではありますが、肝機能障害を引き起こす可能性もあります。肝臓は沈黙の臓器といわれていますので、自覚症状がないまま進行し重篤化すると肝不全に陥ります。定期的な血液検査で肝臓の状態を観察しておくことが大切です。

循環器に持病のある方は注意が必要

ミノキシジルはもともとは血圧を下げる薬なので、低血圧の方や高血圧で降圧剤を服用中の方は必要以上に血圧を下げてしまう可能性があります。循環器に持病がある方は処方の際に必ず医師に相談してください。

ミノキシジル以外のAGA治療薬も体毛が濃くなる?

AGA治療薬にはミノキシジル以外にもプロペシア(フィナステリド)やザガーロといった薬がありますが、これらも体毛が濃くなる可能性があるのでしょうか?

プロペシアやザガーロの作用機序

プロペシアやザガーロは5αリダクターゼ阻害薬として治療薬に選択されています。どちらもAGAの原因である悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」を発生させてしまう「5αリダクターゼ」の働きを抑制します。この作用によってAGAの進行を遅らせる効果があります。

プロペシアやザガーロは脱毛を抑制する効果はありますが、発毛を促進させる効果はありません。よってどちらの薬も副作用で体毛が濃くなることはありません。効果を高めるためにこれらの薬剤とミノキシジルを併用することもあります。

まとめ

ミノキシジルはAGAの悩みに対し高い発毛効果を発揮してくれますがその反面、体毛が濃くなる副作用もあります。治療を始めていく際にはメリット・デメリットをしっかり理解したうえで薬の選択をしていただきたいです。

Dr.AGAクリニックでは、患者様一人一人の薄毛に合わせた治療法をご提案しています。経験や実績ある医師の診察のもとで治療を行うことができ、治療を開始していただきやすいように初月980円から治療をはじめることができます。

もし、治療効果が全く得られなかった場合は全額返金保証制度が活用でき、通院が難しい方に向けてはオンライン診療にも対応しております。「最近、薄毛が気になってきた」「まずは薬での治療を検討したい」という方は、一度お気軽にお問い合わせください。

この記事の監修医師
総院長

Dr.AGAクリニック総院長 坂口海雲

H21 大阪市立大学医学部 卒業
H23 大阪市立大学循環器内科 入局
H23 ベルランド総合病院
H24 川崎病院 臨床助教
H25 大阪市立大学病院
H28 福島吉野スマイル内科・循環器内科 開院
R2  Dr.AGAクリニック 総院長就任

error_outline 当サイトのコンテンツはDr.AGAクリニック総院長 坂口海雲の監修により運営されております。