AGA治療

ミノキシジルによる浮腫み

AGA治療

ミノキシジルは血圧の降圧剤として開発された薬で、厚生労働省によって「発毛効果がある」と正式に認定されている数少ない有効成分の1つです。

ミノキシジルには、主に2つの効果があります。

●血管を拡張し、血流を促進

毛母細胞の死滅を抑制する作用も期待されている他、血液によって酸素や栄養が頭皮へ十分に送り届けられると、健やかな髪の毛の成長に繋がります。

●発毛促進

髪の毛の成長を促す毛乳頭細胞に働きかけ、ヘアサイクルを延長します。

浮腫む理由

血管が拡張し血液循環が良くなると、血管内の血液濃度が薄くなります。

血液濃度を正常に戻そうと、水分を血管の外へ排出しようとする反応が起こります。

結果的に細胞の隙間に水分が溜まってしまい、浮腫みに繋がってしまう場合があります。

ミノキシジルは静脈には作用しないため、血流が戻らず末端に血液が溜まってしまうことも浮腫みを引き起こす原因に。

浮腫み対策として…

・利尿作用のあるものを摂取

利尿作用があるカフェインを含んだ飲み物やカリウムを含んだ食品を摂取しましょう。

カフェインの取りすぎには注意が必要です。

また、塩分の摂り過ぎは浮腫みの原因になります。

・入浴

20分以上湯船に浸かることで血液循環が良くなり、溜まった水分と老廃物を汗で排出できます。

入浴時にマッサージをしたりお風呂上りにストレッチするとより効果的です。

入浴後は水分補給も忘れずに。

・運動

筋肉量が少ない人は血流が悪化しやすく浮腫みやすいです。

階段を使用したり一駅歩くなど、意識的に体を動かすと血液循環がよくなり浮腫み対策になります。

この記事の監修医師
総院長

Dr.AGAクリニック総院長 坂口海雲

H21 大阪市立大学医学部 卒業
H23 大阪市立大学循環器内科 入局
H23 ベルランド総合病院
H24 川崎病院 臨床助教
H25 大阪市立大学病院
H28 福島吉野スマイル内科・循環器内科 開院
R2  Dr.AGAクリニック 総院長就任

error_outline 当サイトのコンテンツはDr.AGAクリニック総院長 坂口海雲の監修により運営されております。