AUTHOR

Dr.AGAクリニック

  • 2021年8月16日
  • 2021年8月16日

冷房は朝までつけておこう!

暑い夏の夜には、一晩中冷房を付けておくことで室内の温度が安定します。 室温が28℃より高くなることで熱中症に陥る危険性が上がりますので、室温が28℃以上にならない範囲で、好みの温度設定を行いましょう。 冷房の温度を低く設定するときには、少し暖かめのパ […]

  • 2021年8月16日
  • 2021年8月16日

冷房を付けたまま寝てもいいの?

冷房や暖房を付けたまま寝てしまうことで、翌朝の体のだるさ・喉の痛みなどが気になり、エアコンの電源をオフにしてしまう方も多いのではないでしょうか。 結論からお伝えすると、夏場の冷房は付けたまま眠ることが正しいとされています。 朝まで冷房を付けておくと、 […]

  • 2021年8月14日
  • 2021年8月14日

冷房病の改善法

冷房病の改善・対策に必要なことは、とにかく体を冷やさないことです。 冷房を効かせた環境にいながら、体から熱が逃げない様に全身を常に温かい状態に維持することが大切です。 夏場であれば当たり前のように、どこの場所にいても室内や閉鎖された空間であれば必ず強 […]

  • 2021年8月14日
  • 2021年8月14日

冷房病の症状

冷房病の症状は、多岐に渡ります。 体や手足の冷え・体がだるい・疲れやすい・食欲不振・頭痛・肩こり・腰痛・不眠・便秘・下痢などの症状の他、自律神経の乱れも引き起こすため、免疫やホルモンの働き・バランスにも影響があり、女性の場合は生理不順や生理痛をひどく […]

  • 2021年8月13日
  • 2021年8月13日

冷房病とは

冷房病やクーラー病と呼ばれる症状をご存知でしょうか。 冷房病とは、冷房が効きすぎている室内に長時間居る・熱い室外と寒い室内の行き来を何度も行ううちに、自立神経のバランスが乱れ、体にさまざまな不調を来す症状のことを指します。 人間の体は、安定した自立神 […]

  • 2021年8月13日
  • 2021年8月13日

男性ホルモンは増やせる?

テストステロンが男性の健康的な生活において、非常に重要なホルモンであることは間違いありません。 では、テストステロンは自力で増やすことができるのでしょうか。 以前の記事で、女性ホルモンの分泌量は一生のうち、ティースプーン1杯ほどで、女性ホルモンは自力 […]

  • 2021年8月12日
  • 2021年8月12日

男性ホルモンの減少

男性ホルモンのメインであるテストステロンは様々な原因によって減少します。 代表的な原因は加齢です。 テストステロンの分泌は、20代をピークに緩やかに減少していきます。 筋トレをしても、年齢によって見た目や筋力に差がついてしまう原因は、テストステロンの […]

  • 2021年8月12日
  • 2021年8月12日

男性ホルモンとは

男性ホルモンはアンドロゲンとも呼ばれるステロイドホルモンの事を指し、メインになるテストステロンの他、ジヒドロテストステロン(DHT)、デヒドロエピアンドロストロン(DHEA)、アンドロステロン、アンドロステンジオン、エピアンドロステロンなど、豊富な種 […]

  • 2021年8月11日
  • 2021年8月11日

女性ホルモンは増やせる?

エストロゲンとプロゲステロンの2つのホルモンの中で、特に女性らしさに関連しているのがエストロゲンです。 皆さんは、女性が一生のうちに分泌出来る女性ホルモン量は、ティースプーン1杯ほどと言われているのをご存知でしょうか。 そのわずかな分泌量で、女性の美 […]

  • 2021年8月11日
  • 2021年8月11日

女性ホルモンの減少

女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量は、18~40歳ぐらいの間が最も多く、40歳以降に徐々に減少し始め、閉経の前後で急激に減少します。 更年期と閉経の時期、年齢によっても女性ホルモンの分泌量は大きく左右されるのです。 ホルモン分泌量の変化が大きい閉 […]

 data-src=医療法人笑顔会 Dr.AGAクリニック" width="1280" height="854" >

医療法人笑顔会 Dr.AGAクリニック

Dr.AGAクリニック公式ブログをご覧頂き、ありがとうございます。
AGA/FAGAについて不安なことや気になることがありましたら、無料カウンセリングを実施しておりますので、ご気軽にご相談ください。
「気軽に相談できる」を目指すAGA専門クリニックです。
丁寧なカウンセリングを心がけており、無理な営業は一切致しません。
患者さまの状態にあった施術プランを提供致します。

CTR IMG