Dr.AGAクリニックにおける新型コロナウィルス対策

未分類

1/2ページ

AGA治療を続けるにあたって

AGA治療を続けるにあたって知っておくべきこと AGA治療を継続してしっかりおこなっていても効果が弱くなってくることがあります。 一度AGA発症してしまうとこのDHT生成量増加は非常におおきな弊害ともなっていきます。 実はこの影響でAGA治療を開始して当初順調であった効果が『発毛治療の効果が薄くなってきた』となってくる報告が多数あります。 治療効果の薄れは薬品耐性ではなく体内のDHT増加環境が原因 […]

白髪と薄毛の関係性をご紹介

加齢と共に、数が増える白髪。 ふとしたときに1、2本白髪を発見する方もいれば、気が付いたら生え際から白く染まっていた…なんてこともありますよね? また、白髪と共に薄毛が気になり始めた方も多いはず。 薄毛と白髪は関係あるのでしょうか? いまや若い方にも多い白髪。 では、その関係性と原因を次ブログにて紹介していこうと思います。 Dr.AGAクリニック公式サイト 初月980円から始められる!! 10/1 […]

雨と薄毛の関係①

よく雨が降ると禿げる!!と言うのを耳にした事はありませんか?今回は雨と薄毛についてお伝えします。 酸性雨とは? pH 5.0以下の雨のことを酸性雨とすることもありますが、一般的にはpH 5.6以下の雨と思っても良いです。 pHとは?「水素イオン指数」と言います。酸・アルカリの指標です。pHが低ければ低いほど酸性、高ければ高いほど塩基性(アルカリ性)を表します。pHが7.0で中性で、基本的にpHの範 […]

花粉シーズン真っ只中!鼻をかみすぎて痛いときの対処法

花粉症による鼻かぶれ!! 花粉の飛ぶ時期は症状もつらく肌荒れも起こしがちですよね。 その中でもつらいのが鼻のかみすぎで鼻の下が荒れることです。 鼻の下が赤くなったり、皮がむけてしまうのは悩みの種です。 そこで、鼻のかみすぎで鼻の周りの皮膚トラブルを上手に改善する正しいポイントについてお話していきます。 花粉は、皮膚炎の原因にもなりますが、鼻の周りがあれるのは、主に乾燥やかみすぎが原因です。 特にか […]

発毛効果の根拠(続き)

その後の研究で、ミノキシジルは頭皮の血行を促進するだけではなく、アデノシンと呼ばれる成分を分泌する作用があることも判明しました。 ミノキシジルの作用によりアデノシンが生成されると、毛乳頭から髪の成長因子が作り出されるというのです。 また、この成長因子には、新しい血管を生成し、ダメージを受けた血管を修復する作用もあることが分かりまた。 そのため、頭皮環境に良い血管を作り出すことで、毛母細胞を増殖させ […]

花粉症シーズン真っ只中!アレルギーを悪化させる食材

今回は、アレルギーを悪化させる食材について紹介したいと思います。 ■ファーストフード ファーストフードでよく含まれる【トランス脂肪酸】 このトランス脂肪酸は免疫力を低下させる食品とされています。 薄毛の進行にもよくないので食べ過ぎはオススメできません。 ■砂糖 砂糖には粘液のぶんぴつを促す成分が含まれていて、これがアレルギー症状を悪化させる可能性があります。 ■生のトマト ヒスタミンを多く含んでい […]

花粉症シーズン真っ只中!アレルギーを軽減する食材

こんにちは。Dr.AGAクリニック大阪難波院です。 毎年この時季になるとやってくる花粉症。原因は「ヒスタミン」というアレルギー物質。花粉に対するアレルギー反応の結果、くしゃみや鼻水がでてきます。そんなつらい症状を緩和・改善するには「腸内環境を整える」ことをおすすめします。 町内には様々な免疫細胞が多く存在しているので、この環境を整えることで症状を改善・緩和することができるといわれています。 今回は […]

免疫力を低下させないための習慣①

コロナに関する予防策や対策等を紹介致しましたが、今回はDr.AGAクリニック大阪難波院よりAGA治療にも共通するポイント「生活習慣」から、誰にでも出来る「免疫力を低下させないためにできる小さな習慣」をご紹介致します♪ ①頑張りすぎるストレスフルタイプとやる気がでないダラダラタイプ・・・どっちも低体温の原因に!! 仕事など日々頑張りすぎたり無理をすると血管が収縮して、血流が悪くなり低体温になります。 […]

豚汁

こんにちは!Dr.スキンクリニック大阪難波院です。 もうDr.スキンクリニック大阪難波院のある難波駅近辺も夜になるとめっきり人通りも少なくなり、自粛モードが浸透してきています。 外食が多かった方も自宅でデリバリーや自炊する機会が増えたのではないでしょうか? 新型コロナウィルスの感染を予防するにも、手洗い・うがいだけでなく食生活からも免疫力を低下させないよう栄養を蓄えなければなりません。 そこで、先 […]

呼吸法まとめ

ゆったりした服装で行いましょう。 特にこの呼吸法では 「お腹がふくらんだりへこんだり」 がひとつのポイント。 自律神経は文字通り“自律”しているもの。私たちが「意識してもできないこと」を担当しています。 血液を流す、食べたものを消化する、排泄の準備をする、ホルモンを分泌する等。 自力で血管を広げることができないように、私たちの意識ではどうこうできないのが自律神経。 息を吸うと交感神経に、息を吐くと […]