FAGA

20代女性の薄毛の原因は?薄毛は治る?改善方法も解説

FAGA

「最近になって抜け毛が多い…」「20代でも薄毛になるのかな…」と、このような悩みを持つ女性もいることでしょう。薄毛は、男性あるいは年齢を重ねてから起きる症状だと思っている方も多いかもしれませんが、実は20代女性であっても薄毛を引き起こす場合があります。

そこで本記事では、20代女性に起こる薄毛の原因や種類、改善方法について、詳しく解説します。最後まで読むと、薄毛への理解が深まり、不安が軽減されるでしょう。薄毛に悩んでいる女性は、ぜひ最後まで読んでみてください。

20代でも薄毛になる?

男性や年配の問題と思われがちな薄毛ですが、20代でもみられる場合があります。しかも、若い女性でも薄毛になる可能性は十分にあります。

主な原因は、誤った髪のケアや生活習慣の乱れ、ストレスによるものです。

たとえば、運動不足や偏った食事は、頭皮の血行不良を起こしたり、髪の毛の成長を阻害したりします。

薄毛は、20代といった若い年代であっても生じる可能性があるため、早期に気付くことと、早めのケアが必要です。

20代女性の薄毛の原因は?

20代女性で薄毛を発症する原因として考えられているのは、以下のとおりです。

  • ダイエットなどによるホルモンバランスの乱れ
  • 過度なヘアカラーやパーマ
  • 生活習慣の乱れ
  • ストレス
  • 病気

原因を把握できると、対策しやすくなるため確認しておきましょう。

ダイエットなどによるホルモンバランスの乱れ

ダイエットによるホルモンバランスの乱れは、薄毛の原因です。

ダイエットが薄毛になる理由として、極端な食事制限があります。健康を損なうほどの食事制限は、身体に必要な栄養素が不足し、頭皮の血行不良を起こします。また生理不順をきたし、ホルモンバランスが崩れ、髪の成長に影響を与えます。

1日や3日程度の食事制限では問題ありませんが、慢性的に過度なダイエットをおこなうと、ホルモンバランスが乱れ薄毛の要因となるため、注意が必要です。

過度なヘアカラーやパーマ

繰り返しおこなう髪の毛のヘアカラーやパーマは、薄毛を発症しやすくなります。

カラー剤やパーマ剤は薬剤であり、健康な頭皮に負担をかけてしまうからです。さらに、ヘアカラーやパーマを何度もかけてしまうと、頭皮や髪の毛へのダメージが深刻化し、薄毛を進行させてしまいます。

また、髪の長さを自由自在に調節できるヘアーエクステンション(エクステ)も、頭皮や髪の毛への負担が大きく、毛根にダメージを与えます。

過度なヘアカラーやパーマは薄毛の原因になるため、心当たりのある人は控えるようにしてください。

関連記事:ヘアカラーによる頭皮のダメージに注意!髪染めは禿げる原因になるのか解説

生活習慣の乱れ

薄毛の原因のひとつに、生活習慣の乱れが挙げられます。薄毛の要因となる生活習慣の乱れの具体例は、以下のとおりです。

【生活習慣の項目と理由一覧】

項目理由
偏った食事や食生活の乱れ髪の毛に必要な栄養素が行き届かなくなる
睡眠不足睡眠中に「成長ホルモン」が分泌されにくくなり、髪の毛が育ちにくくなる
運動不足頭皮に血行不良を起こし、髪の毛が細くなり、抜けやすくなる
過度な飲酒摂取したアルコールが必要な栄養素を分解してしまい、栄養不足を起こす
喫煙血管を収縮させ、髪の毛や頭皮に必要な栄養素が行き届かなくなる

このように、生活習慣の乱れは髪の成長に悪影響を及ぼします。規則正しい生活習慣を送り、薄毛を防ぎましょう。

ストレス

仕事やプライベートのストレスがたまると、薄毛を発症しやすくなります。ストレスをためこむと、自律神経が崩れてしまい、頭皮に血行不良を起こします。血行不良で髪の毛に栄養が行き届きにくくなり、薄毛になるのです。

20代女性は、とくに仕事や育児、人間関係などでストレスを感じやすくなります。睡眠を多く取ったり、趣味でストレスを発散させたりするなどして、薄毛を進行させないようにしましょう。

病気

急に抜け毛が増えた場合には、何らかの疾患にかかっている可能性があります。20代女性の抜け毛が増加した際に考えられる主な疾患は、以下のとおりです。

  • 甲状腺の疾患(バセドウ病や橋本病など)
  • 膠原病(全身性エリテマトーデスや全身性強皮症など)
  • 鉄欠乏性貧血
  • 梅毒
  • 薬剤性脱毛症
  • 新型コロナウイルス感染症

抜け毛が増えてきた以外の症状がある場合には、医療機関を受診するようにしましょう。

20代女性の薄毛は治る?

20代女性の薄毛は、男性のAGA(男性型脱毛症)と同じように、完治は難しいとされています。

しかし、薄毛の原因や種類によっては、適切に対処することで治る可能性があります。重要なのは、薄毛をすべてひとくくりにするのではなく、原因や種類を特定し、適切に治療していく姿勢です。

次に、20代女性に起こりやすい薄毛の種類を解説するため、自身の症状と照らし合わせながら確認してみてください。

20代女性に起こりやすい薄毛(脱毛症)の種類

20代女性に多くみられる薄毛は、以下の6種類です。

薄毛の種類概要
びまん性脱毛症つむじや分け目から髪の毛が細くなり、髪全体が薄くなる脱毛症
脂漏性脱毛症頭皮に皮脂が多く分泌され、頭皮環境が悪化した脱毛症
牽引性脱毛症同じ方向に髪の毛を結び、生え際や分け目から髪の毛が薄くなる脱毛症
円形脱毛症頭部に円形や楕円形に髪の毛が抜け落ちる脱毛症
粃糠性脱毛症頭皮に乾燥したフケが増加して髪の毛が抜け落ちる脱毛症
産後脱毛妊娠中と産後のホルモンバランスが崩れたことによる脱毛症

それぞれ詳しく解説します。

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症とは、髪全体が薄くなる状態をさします。

40代女性が加齢に伴うホルモンバランスの乱れで起こると考えられていましたが、近年20〜30代女性でも発症するケースが増加しています。ホルモンバランス以外の原因でも発症し、誰でも発症する可能性があります。

びまん性脱毛症は、髪の毛が細くなることで分け目の広がりやつむじ周辺の薄毛が目立つようになり、広範囲に広がるのが特徴です。

関連記事:びまん性脱毛症について

脂漏性脱毛症

脂漏性(しろうせい)脱毛症とは、頭皮に皮脂がたまることで頭皮環境が悪化し、薄毛になることです。

頭皮に皮脂が増えると頭皮がベタつき、フケや湿疹、炎症などを招き、脂漏性皮膚炎を発症します。脂漏性皮膚炎が悪化したことで抜け毛が進行し、髪の毛が薄くなった状態を脂漏性脱毛症といいます。

皮脂が過剰に分泌させる原因は、以下のとおりです。

  • 脂質が多い食べ物を好んで食べる
  • シャンプーをする回数が少ない
  • 過度にシャンプーをしている
  • ストレスがたまっている
  • 睡眠が足りていない

上記の生活習慣を見直し、頭皮のベタつきと薄毛を防ぎましょう。

牽引性脱毛症

牽引性(けんいんせい)脱毛症とは、髪の毛を強く結んでしまっているがため、生え際や分け目から髪の毛が薄くなる症状をさします。

髪の毛を同じ方向に強く結び続けると、頭皮に負担がかかり、血行不良を起こします。血行不良を起こした頭皮は髪の毛に栄養が行き届かなくなり、薄毛が進行してしまうのです。

牽引性脱毛症が発症しやすい状態は、以下のとおりです。

  • 毎日同じヘアスタイルで髪の毛を結んでいる
  • ヘアーエクステンションをしている
  • カチューシャやヘアバンドを頻回に使用している
  • 日常的に帽子やヘルメットを被っている

上記の習慣を続けていると、頭皮環境を悪化させてしまいます。頭皮を引っ張らないようなヘアスタイルにしたり、ゆとりのある帽子を選択したりしてみてください。

円形脱毛症

円形脱毛症は、円形や楕円形に髪の毛が抜け落ちる症状です。男女関係なく起きる薄毛症状であり、脱毛箇所が1か所だけにみられる単発型や、2か所以上みられる多発型があります。

明確な原因は解明されていませんが、考えられる要因としては以下が挙げられます。

  • 遺伝
  • ストレス
  • 免疫異常
  • ホルモンバランスの崩れ
  • アトピー体質

一度発症すると、再発しやすい薄毛症状です。生活習慣を見直してストレスを解消し、再発防止を意識しましょう。

関連記事:女性の円形脱毛症の原因は?年代別の原因や早く治す方法を解説

粃糠性脱毛症

粃糠性(ひこうせい)脱毛症とは、乾燥したフケが毛穴を防ぐことで起こる薄毛です。脂漏性脱毛症はベタつきがあるフケに対し、粃糠性脱毛症は乾燥したフケで頭皮環境を悪化させます。

フケが増える原因は、頭皮に合わないシャンプーの使用や、トリートメントのすすぎ残しです。粃糠性脱毛症は、肌が敏感な人ほど発症しやすくなります。

粃糠性脱毛症を防ぐには、体質にあったシャンプーを使用し、すすぎ残しをなくし、乾燥したフケを少なくすることです。

産後脱毛

産後脱毛は、出産後に一時的に抜け毛が進行する脱毛症です。

妊娠中と出産後に、女性ホルモンの分泌量が変化することで、産後脱毛が発症します。女性ホルモンの分泌が多いと、髪の毛は成長します。とくに妊娠中は、女性ホルモンの分泌量が増加するため、髪の成長が維持されるのです。一方、出産2〜3か月後は妊娠前の分泌量に減少し、成長していた髪の毛が退行します。

産後脱毛は、一時的に抜け毛は多くなりますが、病気ではありません。そのため時間の経過とともに徐々にもとの状態に戻ります。

気になる人は、帽子を被ったり、ヘアスタイルを工夫したりするといいでしょう。それでも改善しない場合は、ほかの要因が潜んでいる可能性があるため、医療機関を受診してください。

関連記事:分娩後脱毛症①

女性の薄毛を改善するには

20代女性が薄毛を防ぐための改善方法は、以下のとおりです。

  • 適切なヘアケアを行う
  • 生活習慣を見直す
  • ストレスをためない
  • 医療機関を受診する

薄毛を改善するには、髪の毛が成長しやすい頭皮環境をつくることです。改善方法を詳しく解説します。

適切なヘアケアを行う

正しいヘアケアは薄毛を防ぎ、頭皮の状態をよくします。頭皮に合わないシャンプーを使うと、頭皮環境を悪化させ、薄毛が進行してしまいます。洗髪は1日1回が目安です。

以下のヘアケア方法を実践してみましょう。

  • 低刺激のシャンプーを使用する
  • 頭皮マッサージをしてみる
  • たっぷりのお湯で髪の毛を洗い流してから、シャンプーをよく泡立てる
  • シャンプー後は水気を乾いたタオルで拭き取ってから、ドライヤーを使用してきちんと髪の毛を乾かす

シャンプーの際は、爪を立てずに指の腹を使って洗い、すすぎ残しがないよう、洗い流してください。

適切なヘアケアが、髪の毛や頭皮を良好な状態に維持できます。

生活習慣を見直す

生活習慣の見直しは、薄毛改善に効果的です。偏った食生活や運動不足、睡眠不足などが改善されると、ホルモンバランスや栄養が整い、頭皮や髪の毛に好影響があるからです。

具体的には、以下の点を見直してみましょう。

  • 1日3食さまざまなメニューをバランスよく食べる
  • 有酸素運動をしたり、日常的に階段を使用して歩く機会を設けたりして、体を動かす機会をつくる
  • 決まった時間に入眠し、まとまった睡眠時間を確保する
  • 過度な飲酒は避け、喫煙しない

生活リズムを整え、良い頭皮環境にしましょう。

ストレスをためない

ストレスをためないことを心がけ、適度にストレスを発散しながら心の健康を保つのも効果的です。薄毛はストレスの影響を大きく受けます。ストレス解消方法があると、自然と薄毛症状が改善されていきます。

以下のストレス発散方法を紹介します。

  • 何でも話せる友人とゆっくり話す
  • 趣味に没頭する
  • 外に出て散歩する
  • 軽い有酸素運動を行う

上記は、あくまでも一例です。自分にあったストレス発散方法を見つけることが薄毛を防止する方法です。

医療機関を受診する

適切なヘアケアや規則正しい生活習慣を心がけても薄毛が改善しない場合には、医療機関で治療を受けるのが、薄毛を治す近道です。

ドラッグストアで売られている薄毛改善薬は「誰でも使用できること」を念頭において販売されています。作用が弱かったり、あなたの症状に合っていなかったりする可能性もあるため、改善しないケースもあります。

どうしても薄毛が改善されない場合には、医療機関を受診し、自身の症状にあった方法で治療することを推奨します。

まとめ

薄毛は高齢者や男性だけでなく、20代女性も増加しています。薄毛の原因は、ダイエットなどによるホルモンバランスの乱れや過度なヘアカラーやパーマ、 生活習慣の乱れなどが、複雑に絡み合っています。

薄毛の改善は適切なヘアケアを行い、生活習慣を見直し、ストレスをためないようにしましょう。

それでも薄毛が改善しない場合には、Dr.AGAクリニックの受診をおすすめします。Dr.AGAクリニックは、医学的根拠に基づき、脱毛のタイプ別に薄毛・女性型脱毛症治療を行います。

以下に該当する方は、ぜひ一度、カウンセリングにお越しください。

  • 育毛剤や発毛シャンプーを使っても効果が実感できない
  • 人の視線が気になってきた
  • 生活習慣が乱れてしまう
  • 髪の毛にボリュームがなくなってきた

Dr.AGAクリニックは、女性でもご利用いただきやすいように、完全個室・プライバシーに配慮したシステムを採用しています。ぜひ一度、ご相談ください。

この記事の監修医師
総院長

Dr.AGAクリニック総院長 坂口海雲

H21 大阪市立大学医学部 卒業
H23 大阪市立大学循環器内科 入局
H23 ベルランド総合病院
H24 川崎病院 臨床助教
H25 大阪市立大学病院
H28 福島吉野スマイル内科・循環器内科 開院
R2  Dr.AGAクリニック 総院長就任

error_outline 当サイトのコンテンツはDr.AGAクリニック総院長 坂口海雲の監修により運営されております。