健康情報

睡眠の質アップには温かい飲み物

健康情報

人は眠っている間にコップ1〜2杯分程度の汗をかくと言われているので、就寝前の水分補給、リラックスできる環境作りは良質な睡眠に欠かせません。

仮眠のための水分補給

 快眠のために水分補給をする場合のポイントや注意点をご紹介します。

  • 就寝1時間〜数時間前は温かい飲み物を飲む

温かい飲み物を飲むと自律神経である副交感神経が優位となり、身体がリラックスした状態になります。

胃腸の働きを穏やかにする効果もあるため、就寝前の1~2時間前にコップ1杯程度の温かい飲み物を飲んで内臓を温め体温を上げると、次に体温が下がる際に自然と入眠の体勢に入ることができます。

  • 就寝直前は常温か冷たい飲み物を飲む

寝る直前には、深部体温を下げることで寝つきが良くなります。

コップ1杯程度に抑え、冷たすぎる飲み物は避けましょう。 

 お勧めの飲み物

  • ホットミルク

睡眠ホルモンのメラトニンは、セロトニンを材料にして作られますが、ミルクにはこのセロトニンを生成するのに役立つトリプトファンという成分が含まれています。

ミルクに含まれるカルシウムは交感神経を抑制する効果があり、ミルクを入眠1〜2時間前に飲むことでリラックスした状態になって入眠しやすくなります。

  • ホットココア

ココアには、テオブロミンという自律神経を整える作用のある成分が含まれています。自律神経が整うと寝つきが良くなったり眠りが深くなる効果があるので、ココアを飲むことで睡眠の質が高まります。

この記事の監修医師
総院長

Dr.AGAクリニック総院長 坂口海雲

H21 大阪市立大学医学部 卒業
H23 大阪市立大学循環器内科 入局
H23 ベルランド総合病院
H24 川崎病院 臨床助教
H25 大阪市立大学病院
H28 福島吉野スマイル内科・循環器内科 開院
R2  Dr.AGAクリニック 総院長就任

error_outline 当サイトのコンテンツはDr.AGAクリニック総院長 坂口海雲の監修により運営されております。