健康情報

テアニンの効果

健康情報

テアニンは、主に緑茶などの茶葉に含まれるアミノ酸の一種であり、リラックス効果や睡眠改善効果があると報告されています。

テアニンを多く含んでいる飲み物(茶葉100gあたり)

抹茶40mg程度
玉露20mg~40mg程度
煎茶10mg程度

主な効果

《リラックス効果・集中力アップ》

α波を増やすことで気分をリラックスさせ、緊張を緩和し、集中力を持続させます。

テアニンは脳内のセロトニンを減らしてドーパミンを増やす働きをします。

ドーパミンが豊富に分泌されると、やる気やモチベーションがアップし、前向きな気持ちになると言われています。

《ストレスの緩和》

自律神経へはたらきかけ緊張やストレスを緩和します。

《睡眠改善効果》

リラックス状態へと導き、熟睡を促す効果があります。

《冷え性の改善》

末梢血管の血流をよくし、冷え性を改善します。

《血圧を下げる効果》

末梢血管を拡張させるため、血圧を下げる効果があります。

《PMSや更年期障害の症状軽減》

PMS(月経前症候群)や更年期障害の症状を和らげるという報告もあり、月経前のイライラ、憂鬱、集中力の低下、疲労感といった症状を改善します。

同様に、更年期障害によるほてり、動悸、イライラ、不安感といった症状も軽減します。

この記事の監修医師
総院長

Dr.AGAクリニック総院長 坂口海雲

H21 大阪市立大学医学部 卒業
H23 大阪市立大学循環器内科 入局
H23 ベルランド総合病院
H24 川崎病院 臨床助教
H25 大阪市立大学病院
H28 福島吉野スマイル内科・循環器内科 開院
R2  Dr.AGAクリニック 総院長就任

error_outline 当サイトのコンテンツはDr.AGAクリニック総院長 坂口海雲の監修により運営されております。