生活情報

天パになる理由②

生活情報

天然パーマになる理由の二つ目として、“遺伝的要素によるもの”が挙げられます。

クセ毛は優性遺伝する可能性があるといわれています。

優性遺伝とは、両親からそれぞれの遺伝子を受け取った時に、変化を持つ遺伝子を一つ受け継いだ時に発症する遺伝の仕方の事を指します。

よって両親ともに直毛だった場合、基本的には子供も直毛になります。

しかし、片親が直毛でも、もう片方の親がクセ毛だった場合は、クセ毛の方が優性であるために70%程の確立でクセ毛の子供が産まれてくるといわれています。

日本人の場合、世界的に見れば直毛人口の方が多い傾向にあります。

そして、クセ毛には個人差があり、直毛の人もいればクセ毛の人もいる、もしくは両方の髪が混ざり合っている場合もあります。

また、クセ毛は隔世遺伝する場合もあります。

隔世遺伝とは、祖父母やそれ以上前の世代から世代を飛ばして遺伝しているように見える遺伝現象のことを指します。

仮に両親が直毛でも祖父母の遺伝子を受け継ぎ、その影響によりクセ毛になる可能性があることも覚えておきましょう。

この記事の監修医師
総院長

Dr.AGAクリニック総院長 坂口海雲

H21 大阪市立大学医学部 卒業
H23 大阪市立大学循環器内科 入局
H23 ベルランド総合病院
H24 川崎病院 臨床助教
H25 大阪市立大学病院
H28 福島吉野スマイル内科・循環器内科 開院
R2  Dr.AGAクリニック 総院長就任

error_outline 当サイトのコンテンツはDr.AGAクリニック総院長 坂口海雲の監修により運営されております。