医療情報

うつ病の原因

医療情報

うつ病を発症してしまっても、自分を責める必要はありません。

うつ病になった事がない、うつ病になる人を精神的に弱いと思っている方がいらっしゃるとすれば、その考え方自体が偏った考え方であり、間違った判断になります。

うつ病は、どなたでも発症する可能性がある病気です。

特に、うつ病になりやすい方の性格の特徴として、

・真面目

・責任感が強い

・完璧主義

・周囲からの信頼がある

・一人で全部頑張ろうとする

など、色々な側面で頑張りすぎる傾向にあります。

うつ病は特定の原因について解明されていないのが現状ですが、脳で働く神経の伝達物質の働きが悪くなるのと同時に、ストレスや体の病気、環境の変化など、さまざまな要因が重なって発病すると考えられています。

慢性的な疲労・家族や親しい人の死亡・幼少期の厳しい体験・仕事や財産の喪失・育児・ホルモンバランスの変化など、過度のストレスや環境の変化はうつ病を発症させる引き金になることもあります。

この記事の監修医師
総院長

Dr.AGAクリニック総院長 坂口海雲

H21 大阪市立大学医学部 卒業
H23 大阪市立大学循環器内科 入局
H23 ベルランド総合病院
H24 川崎病院 臨床助教
H25 大阪市立大学病院
H28 福島吉野スマイル内科・循環器内科 開院
R2  Dr.AGAクリニック 総院長就任

error_outline 当サイトのコンテンツはDr.AGAクリニック総院長 坂口海雲の監修により運営されております。