医療情報

脳貧血

医療情報

脳貧血とは、脳の血液量が一時的に減少する機能障害のことを指します。

本来脳に運ばれるはずの血液量が減ってしまい、脳が必要とする酸素が十分に行き届かなくなった結果、脳貧血として症状が現れることがあります。

これには神経の働きが影響していると言われています。

脳が働くためにはたえず十分な血液が必要になります。

脳に届く血液が数秒止まってしまうだけでも、脳は活動維持が不可能になり意識がなくなってしまいます。

体にある血液の量は決まっていますが、血液を効率よく十分脳に巡らせることができる仕組みとして、神経が関わっています。

この場合の神経は、自立神経のことを指します。

自律神経は、私たちが特に意識をしなくても心臓を動かし、呼吸をし、汗をかき、内臓を動かすなど、絶えず働いてくれている大切な機能を維持するためのものです。

しかし、自律神経が急に働くなり、血管が緩んで広がることで脳に運ばれるはずの血液量が減少してしまい、結果的に脳貧血の症状が現れるようになるのです。

この記事の監修医師
総院長

Dr.AGAクリニック総院長 坂口海雲

H21 大阪市立大学医学部 卒業
H23 大阪市立大学循環器内科 入局
H23 ベルランド総合病院
H24 川崎病院 臨床助教
H25 大阪市立大学病院
H28 福島吉野スマイル内科・循環器内科 開院
R2  Dr.AGAクリニック 総院長就任

error_outline 当サイトのコンテンツはDr.AGAクリニック総院長 坂口海雲の監修により運営されております。