TAG

キューティクル

  • 2020年12月17日
  • 2020年12月17日

切れ毛の原因③

紫外線の影響 紫外線を浴びることで、髪の毛の主成分であるタンパク質に直接影響を及ぼします。タンパク質は、アミノ酸からなるシスティン結合によって作られていますが、紫外線の力でこの結合が離れキューティクルが剥がれてしまいます。 その結果、髪の毛の内部の水 […]

  • 2020年12月14日
  • 2020年12月13日

髪の弱さとは?

「抜けにくさ」 髪の抜けやすさは、髪の状態よりも頭皮の状態の影響が大。髪の抜けやすさは、栄養状態やホルモンバランスが大きく関わっています。 栄養状態やホルモンバランスが優れていないと、髪に十分な栄養を送ることができないため、髪が抜けやすくなります。 […]

  • 2020年12月10日
  • 2020年12月8日

18-MEAを補う方法

「羊毛由来のラノリン脂肪酸」 羊毛由来のラノリン脂肪酸は、羊の原毛に付着している脂肪酸の分泌物を精製したものです。雨が降っても羊が濡れているように見えないのは、この脂質の高い撥水性によるもの。 また、羊毛がゴワゴワにならないようにする役割もあるのです […]

  • 2020年12月10日
  • 2020年12月8日

18-MEA(メチルエイコサン酸)とは?

キューティクルの表面には18-MEA(メチルエイコサン酸)という物質が存在していて、これが髪の艶や美しさに大きく関係しています。 新生毛には必ずある成分ですが、カラーやパーマ等のアルカリ処理に非常に弱く、薬液を塗布するとパーマやカラーで80%失われて […]

  • 2020年12月7日
  • 2020年12月5日

キューティクルの保ち方

pHバランス知ってる? 髪のパサつきや切れ毛、枝毛などのヘアダメージ・・・このような髪の傷みには、キューティクルと呼ばれる髪の毛にある層が深く関係しています。 髪の毛は3つの層から出来ていますが一番外側にある層がキューティクルになります。 pH・・・ […]

  • 2020年5月8日
  • 2020年5月8日

髪のパサつき(まとめ)

髪のパサつきの原因は、何気ない日頃の生活行動の中に隠れていることがお分かりいただけたかと思います。 同時に、間違った習慣や方法を正すことで、髪の傷みを軽減できることもお伝えいたしました。 きれいな髪を保つことも、おしゃれの一部です。 今日から、髪を労 […]

  • 2020年5月8日
  • 2020年5月8日

髪のパサつきに気をつけること

ここにも注意!! 紫外線による乾燥から髪を守るためには、帽子や日傘を活用するのがオススメ。 ただし、通気性の悪い帽子を長時間被ると、蒸れによって頭皮の常在菌が増えるので、帽子の素材や形状には気をつけたいところです。 また、髪表面は市販の「髪専用UVス […]

  • 2020年5月8日
  • 2020年5月8日

髪のパサつきの対策法は?

■髪のパサつきはどう阻止する? 美しい髪でいるためには、頭皮の健康を保つことが第一。 頭皮も皮膚の一部なので、栄養バランスのいい食事を摂ることや十分に睡眠をとることなど、規則正しい生活で健やかな頭皮を維持するよう努めましょう。 また、自身のシャンプー […]

  • 2020年5月8日
  • 2020年5月8日

ツヤ・コシを手に入れる方法

シャンプー後の、髪の乾かし方も大きなポイントです。 キューティクルの表面は、7〜8層のうろこ状に重なり合っていますが、髪がぬれると開く性質があります。 開いたキューティクルはとても傷つきやすいので、キューティクルを保護するためにもシャンプー後は手早く […]

  • 2020年5月8日
  • 2020年5月8日

髪のパサつき改善!

■髪にパサつきが出てしまう理由とは? 髪がパサついたり、ゴワついたりする時は、髪の表面を守る「毛小皮(キューティクル)」が傷つき、はがれ落ちていることが多々あります。 キューティクルが完全にはがれると、髪内部がむきだしになり、水分や栄養、色素などが流 […]

>医療法人笑顔会 Dr.AGAクリニック

医療法人笑顔会 Dr.AGAクリニック

Dr.AGAクリニック公式ブログをご覧頂き、ありがとうございます。
AGA/FAGAについて不安なことや気になることがありましたら、無料カウンセリングを実施しておりますので、ご気軽にご相談ください。
「気軽に相談できる」を目指すAGA専門クリニックです。
丁寧なカウンセリングを心がけており、無理な営業は一切致しません。
患者さまの状態にあった施術プランを提供致します。

CTR IMG