Dr.AGAクリニックにおける新型コロナウィルス対策

コロナ

1/3ページ

免疫力の高め方・・まとめ

睡眠・食事・体温を心掛ける事。 【ツボで温かく】 ①湧泉(ゆうせん) 足裏の真ん中よりもやや上のところで、足の指を曲げたときに少しへこむところが「湧泉」というツボ。 力を込めて押すことで、体温を上げてくれます。 湧泉は「万能のツボ」として気力や生命力を高めることで有名ですが、体温の上昇にも効き目があります。 ②衝陽(しょうよう) 足の甲にあるツボで、内側から2本目と3本目の指の間を強く押してみると […]

免疫力の高め方②

バランスのよい食事 体内にあるリンパ球系の免疫細胞の約7割は、腸に集まっています。従って、多くの免疫細胞が働くためには、腸内環境をつねに良好な状態にしておかなければなりません。腸内環境をよくするには、善玉菌を増やす食物繊維や発酵食品を積極的に摂ることが大切です。また、免疫細胞はウイルスと戦うときに多くのエネルギーを必要とするので、バランスのよい食事を心がけ、栄養状態をよくしておきましょう。 Dr. […]

薄毛の人はコロナ重症化のおそれが?

男性ホルモンのアンドロゲンはプロテアーゼという酵素を増やしますが、この酵素にはウイルスを活性化させる働きがあるんです。そのため、新型コロナウイルスの能力も高めてしまう危険性を海外メディアが報じて、話題を集めました。実際、スペインの研究報告では、新型コロナの男性患者のうち、71%が男性型脱毛症だったというデータもあります。 「男性ホルモンとの関連が指摘されていることは確かですが、ストレスや皮膚病で薄 […]

血液型とコロナの関係

A型の人はコロナにかかりやすい割合が高い 再流行している新型コロナウイルス。重症化すれば命にかかわる深刻な病気である一方、感染しても軽症ですむ人もいる。どんな要素が感染リスクにつながっているのか世界で研究が進められる中、驚きの報告が。血液型が新型コロナに関係しているという報告がありました。 ヨーロッパの研究グループが新型コロナの死者が多く出たイタリアやスペインの重症患者と、健康な人の遺伝子を比較し […]

コロナで薄毛進行!?

自宅でも行うことのできる運動方法をご紹介します。 ヨガやピラティス ヨガやピラティスは呼吸を整える効果があります。 呼吸が整うと代謝の向上につながり、血行の促進にもつながります。 ピラティスはヨガを参考にして出来上がったスポーツなのでヨガと似ていますが、もともとは兵士のトレーニングのために作られたものです。 対してヨガは、現代では健康法として根付いているスポーツですが、本来はインドの思想による修行 […]

コロナで薄毛進行!?②

先ほどのブログでお伝えした運動不足についてお伝えします。 運動不足がどのように抜け毛の増加に影響するのか、、、 運動不足になると抜け毛は増えます。 自粛生活中の運動不足は、日々の抜け毛問題を更に深刻化させます。 以下では「運動不足になるとなぜ抜け毛が増えるのか?」そのメカニズムについて解説していきます。 運動不足が抜け毛を促進させる理由 運動不足がもたらす抜け毛の要因は、頭皮の新陳代謝が落ちること […]

コロナで薄毛進行!?①

今年8月、新型コロナから回復したハリウッド女優アリッサ・ミラノが自身のSNSで髪の毛をとかすと大量に毛が抜ける“後遺症”があると告白しました。 10月には国立国際医療研究センターが回復者を追跡調査したところ、脱毛などの後遺症が出るケースがあることも明らかに……。コロナとハゲに因果関係はあるのか? なぜコロナ陰性者でも、毛が抜ける人が続出したのか。 「まず考えられるのが、コロナ禍のストレスです。将来 […]

新型コロナウィルスにNGなお薬②

さる薬剤師によれば、 イブプロフェンは『イブクイック頭痛薬DX』『ノーシンピュア』『ナロンエース』など多くの市販の解熱鎮痛剤に含まれていますが、これまでもインフルエンザの時にイブプロフェンを服用することでインフルエンザ脳症を引き起こすリスクがある。 と指摘されてきました。 その“代用品”としてWHOが推奨したアセトアミノフェンは市販薬「タイレノールA」「新コンタックかぜ総合」などで知られる。 Dr […]

新型コロナウィルスにNGなお薬

最近ネットでも、SNSでも出回っている情報にもある「新型コロナウィルスに感染すると服用NGなお薬」をご存知でしょうか? 現時点での情報をまとめてみましたのでご確認ください。 新型肺炎に罹ったと思ったら飲んではいけない「市販薬」 微熱とともに、のどの痛みや咳が止まらない。 風邪なのかコロナなのか、検査を受けるまで何とも言えない。 そんな時、闇雲に手持ちの市販薬に頼ってはいけない。 フランスのベラン保 […]

新型コロナウィルスにNGなお薬③

肺に穴が・・・ さらに、指摘された内容としては 「イブプロフェンだけでなく、新型コロナ感染が疑われた時には、同じ非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)であるアセチルサリチル酸を含む『バファリンA』や、ロキソプロフェンを含む『バファリンEX』『ロキソニンS』なども避けるべきでしょう」 ウイルスが体内に入ると、感染した細胞を攻撃するため白血球などの免疫系細胞がサイトカインというたんぱく質を放出します […]

1 3