Dr.AGAクリニックにおける新型コロナウィルス対策

マスク

1/2ページ

「マスクの正しい知識」をご紹介

花粉とウィルスの大きさに違いはあるの? 粒子の大きさを比較すると、新型コロナウイルスやインフルエンザウイルスなどは0.1マイクロメートルで、花粉は30マイクロメートルと大きな差がある。 家庭用マスクには、1枚のガーゼを折り畳んで縫製したガーゼマスクと、薄い不織布の中にフィルターが入っている不織布マスクがある。 さらに不織布のなかにも、微小粒子飛沫までを99%カットする「風邪、ウイルス飛沫、PM2. […]

「マスク」を教えます

コロナ禍で多くの人が買い求めるマスク 正しく装着しなければ予防効果はないどころか、感染を引き起こす原因にもなってしまう。 今回は「マスクの効果を高める使い方」を紹介致します。 「マスクについてエビデンスとなる論文はあまりない」と前置きした上で、それでもマスクは感染防止に有効であります。 飛沫・接触感染で起こると言われています。マスクの目的はまさにこれらの予防。 マスク着用の目的 第1に、感染者が装 […]

Dr.AGAクリニックが教える!マスク選びで大切なポイントとは?

マスク選びと使用方のポイント 鼻と口をぴったり覆えるものを選ぶ。 隙間なく装着できているか、今一度確認が必要!! マスクのつけ外し時は耳ヒモを持つことが大事!! 大型クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号では、検疫官の感染が発覚した。 マスクや手袋を着用していたのに感染したのは、着脱時にウイルスが付着した可能性も指摘されている。 だからこそ、つけ外しで触るのは耳ヒモだけ!! フィルター部分は、ウイル […]

Dr.AGAクリニックが「マスクの正しい知識」をご紹介

花粉とウィルスの大きさに違いはあるの? 粒子の大きさを比較すると、新型コロナウイルスやインフルエンザウイルスなどは0.1マイクロメートルで、花粉は30マイクロメートルと大きな差がある。 家庭用マスクには、1枚のガーゼを折り畳んで縫製したガーゼマスクと、薄い不織布の中にフィルターが入っている不織布マスクがある。 さらに不織布のなかにも、微小粒子飛沫までを99%カットする「風邪、ウイルス飛沫、PM2. […]

Dr.AGAクリニックが「マスク」を教えます

新型肺炎予防のために多くの人が買い求めるマスク 正しく装着しなければ予防効果はないどころか、感染を引き起こす原因にもなってしまう。 難波のAGA専門外来をしているDr.AGAク大阪難波院でしていますが、今回はAGAには関係ない「マスクの効果を高める使い方」を紹介致します。 「マスクについてエビデンスとなる論文はあまりない」と前置きした上で、それでもマスクは感染防止に有効であります。 新型肺炎は飛沫 […]

ありがとうございます

こんにちは!Dr.スキンクリニック大阪難波院です。 少し前になりますが、以前医療機関あてへマスクが届きました。 無料で医療機関へ配布しているとの事でした。 ファックスにてお礼状を送り、ありがたく使わせて頂いております。 緊急事態宣言も解除され、自粛ムードが緩まっている今だからこそ一人一人が気をつけなければいけないなと感じます。 そろそろ気温も高くなってマスクが鬱陶しく感じますが、シッカリ水分補給を […]

新型コロナウィルス感染症対策

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)におけるDr.スキンクリニック大阪難波院での対応とご協力のお願い ①入り口にはアルコール消毒液の設置 ②1時間毎に院内各所の殺菌清掃 ③飛沫感染予防のために換気 ④皆様が触れる問診票ボードやペンも、おひとおひとりには消毒済みをご使用いただきます ⑤スタッフの体調管理、手指消毒・うがいの徹底 ⑥スタッフのマスク着用 ⑦再診の方でご来院が難しい場合はオンライ […]

家族が新型コロナの疑い時の対処法①~④

Q.家族に新型コロナウイルスの感染が疑われる場合に、家庭でどんなことに注意すればよいでしょうか? A.ご家族に新型コロナウイルスの感染が疑われる場合には、同居されているご家族は以下の8点にご注意ください。ご本人は外出を避けること!! ご家族、同居されている方も熱を測るなど健康観察をし、不要不急の外出を避けましょう。特に咳や発熱などの症状があるときには職場等の外出も避けること。 Dr.スキンクリニッ […]

肌への花粉の刺激

まず第一に、「保湿」!! 気になるところに、オイルやクリームを塗布するだけでも肌の状態は違ってくるのです。 特に「目の周り」のケアは必須。 花粉で肌がゆらぎやすい人は、くしゃみや鼻水、目のかゆみなど他の症状を伴いやすいのです。 外出時はマスクやメガネをして顔を保護して粘膜症状を抑えて頂きたのですが、くしゃみや鼻水はマスクで防ぐことができても、目は物理的になかなか守ることができません。 目の周りはも […]

花粉症の方は早めの対策を

花粉に敏感な方は、今の時期から予防対策をしておくと安心です。 予防は花粉シーズンの1~2週間前から始めることがベスト! 何より症状を悪化させない生活を心がけましょう。 花粉症の対策、ホームケアについてはこちらを確認しましょう♪ ■花粉症を悪化させる生活習慣5つ ×疲れやストレス 体が疲れているときは無理せず休養し、リズム感ある生活を心がけましょう。 ×睡眠不足 花粉シーズンは特に、十分な睡眠をとる […]