Dr.AGAクリニックにおける新型コロナウィルス対策

肺炎

1/4ページ

油断大敵!!

こんにちは!Dr.スキンクリニック大阪難波院です。 やっと新型コロナウィルス感染症対策における緊急事態宣言も解除になり、自粛モードも緩くなった時こそ!!今まで以上に注意が必要です。 以前、業者さまに「抗ウィルス・抗菌対策」として院内の施工に入って頂きましたし、Dr.スキンクリニック大阪難波院では毎日の診察終了後には患者さまにご使用いただくスリッパとスタッフのシューズもいっしょに除菌を行っております […]

ありがとうございます

こんにちは!Dr.スキンクリニック大阪難波院です。 少し前になりますが、以前医療機関あてへマスクが届きました。 無料で医療機関へ配布しているとの事でした。 ファックスにてお礼状を送り、ありがたく使わせて頂いております。 緊急事態宣言も解除され、自粛ムードが緩まっている今だからこそ一人一人が気をつけなければいけないなと感じます。 そろそろ気温も高くなってマスクが鬱陶しく感じますが、シッカリ水分補給を […]

このタイミングだからこそ抗菌施工実施!

こんにちは!Dr.スキンクリニック大阪難波院です。 皆様には、日頃から新型コロナウィルス感染予防のため、ご来院頂き際には様々な点にご協力いただき誠にありがとうございます。 当院につきましても、患者さまには安心してご来院頂くために、当院でできる限りの予防・対策を行ってまいりました。 そして、これからも患者さまには安心してご来院頂くために当院で出来ることとして、先日業者さまをお招きし「院内抗菌・抗ウィ […]

免疫力を高めるストレッチ!

ダイエットにも役立つ!免疫力を高めるストレッチ法 免疫力が低下すると皮膚の粘膜の機能が低下し、ウイルスが体内に入りやすくなり、体調不良を引き起こしやすくなります。 Dr.スキンクリニック大阪難波院のAGA/FAGA治療にも共通する原因にもあり、免疫力が低下する原因にあるのは、加齢やストレス、寝不足など様々。 解決策としては、栄養価の高い食事、適度な運動など、生活の質を上げることが重要です。 あわせ […]

オススメの食べ物

まずは、いちごに含まれている栄養とその効果をお伝えします。 様々な種類が出回っているいちごは、色鮮やかな赤色、ティアドロップ型のかわいいフォルムで、ケーキやジャムやお菓子などスイーツには欠かせない果物です。 そんないちごは健康に欠かせないポリフェノールやビタミンなどの栄養を含む果物。 ビタミンCの効果:女性にうれしい美肌や美白の栄養、免疫力アップ ビタミンCに注目。 中くらいのサイズであれば、7個 […]

ハッピーホルモンを作る②

・日光を浴びよう! 最近では自粛ムードで在宅が多くなるとどうしても浴びる機会が減ってしまう日光。 目覚めてからすぐ浴びる日光は、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を止めてくれ、セロトニン分泌にスイッチを入れてくれます。 生活リズムが不規則になりがちな時こそ、しっかりと目覚めに日光を浴びる習慣が大切になるのです。 日光を浴びるのは窓越しでもOK!また曇っている日など日光が出ていない時は、なんと!照明 […]

ハッピーホルモンを作る

たった3つのセロトニン習慣 ●セロトニンを作る食べ物を摂ろう セロトニンを分泌する為にはその材料となる栄養素の摂取が必要不可欠となります。 セロトニンを作る栄養素は以下の3つ! トリプトファン ビタミンB6 炭水化物 トリプトファンは必須アミノ酸のうちの1つで、チーズや豆腐、卵や牛乳などに多く含まれます。 このアミノ酸は体内で生成することが出来ない為、食物やサプリメントで摂取するしかないのです。 […]

今こそ大切なハッピーホルモン

たった3つの「セロトニン習慣」 ハッピーホルモン「セロトニン」とは?・・・私たちの身体や心は、様々なホルモン(神経伝達物質)の影響を受けています。 中でもセロトニンは、他の全てのホルモンの指揮者のような役割を果たしているのです。 セロトニンがしっかりと分泌されている時、その他のホルモンバランスも整いやすく心身ともにバランスの取れた状態へと導いてくれます。 それだけではなく、私たちが多くのストレスに […]

新型コロナウィルスにNGなお薬③

肺に穴が・・・ さらに、指摘された内容としては 「イブプロフェンだけでなく、新型コロナ感染が疑われた時には、同じ非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)であるアセチルサリチル酸を含む『バファリンA』や、ロキソプロフェンを含む『バファリンEX』『ロキソニンS』なども避けるべきでしょう」 ウイルスが体内に入ると、感染した細胞を攻撃するため白血球などの免疫系細胞がサイトカインというたんぱく質を放出します […]

新型コロナウィルスにNGなお薬②

さる薬剤師によれば、 イブプロフェンは『イブクイック頭痛薬DX』『ノーシンピュア』『ナロンエース』など多くの市販の解熱鎮痛剤に含まれていますが、これまでもインフルエンザの時にイブプロフェンを服用することでインフルエンザ脳症を引き起こすリスクがある。 と指摘されてきました。 その“代用品”としてWHOが推奨したアセトアミノフェンは市販薬「タイレノールA」「新コンタックかぜ総合」などで知られる。 また […]

1 4