Dr.AGAクリニックにおける新型コロナウィルス対策

肺炎

2/4ページ

新型コロナウィルスにNGなお薬:難波でAGA・薄毛治療といえば/Dr.スキンクリニック大阪難波院

最近ネットでも、SNSでも出回っている情報にもある「新型コロナウィルスに感染すると服用NGなお薬」をご存知でしょうか? 現時点での情報をまとめてみましたのでご確認ください。 新型肺炎に罹ったと思ったら飲んではいけない「市販薬」 微熱とともに、のどの痛みや咳が止まらない。 風邪なのかコロナなのか、検査を受けるまで何とも言えない。 そんな時、闇雲に手持ちの市販薬に頼ってはいけない。 取り返しのつかない […]

患者さまへ:難波でAGA・薄毛治療といえば/Dr.スキンクリニック大阪難波院

ご自身とあなたの大切な人をお守りするために、お願い 風邪のご症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く 強い倦怠感や息苦しさがある場合は 最寄りの保健所または厚生労働省都道府県の電話相談センターへ ご相談し指示を仰ぎましょう。 患者さまにはご不便をおかけ致しますが、患者さまは私たちにとっても「大切な人」です。どうか一緒にこの状況を無事に乗り越えましょう。何卒ご理解とご協力をお願い致します。 初月98 […]

体温を測るときのポイント③:難波でAGA・薄毛治療といえば/Dr.スキンクリニック大阪難波院

Q.検温に適したタイミングや環境とは。 A.測る時間帯はいつでも構いませんが、日中と夜間の自分の平熱がどのくらいなのかを事前に把握しておくとよいでしょう。 ただし、食後は体温が上がるので食後2時間くらいまでの検温は避けてください。 また、極端に寒い・暑いような環境で測るのも避けましょう」 Q.一般的に熱があるか確認するとき、おでこに触ることも多いと思います。これはなぜですか。 A.他者が熱の有無を […]

体温を測るときのポイント②:難波でAGA・薄毛治療といえば/Dr.スキンクリニック大阪難波院

Q.「体温を測るたびに違う数値が出る」という声もあるようですが、考えられる要因は何でしょうか。 A.前ブログにて記載した通り、1日の中でも時間帯によって体温が違うことや室温・洋服が違うこと、測り方が安定していないことなどが考えられます Q.体温をできるだけ正確に測るためには、体のどの部位でどのように測るのがよいのでしょうか。 A.測る部位によって温度が違います。 温度は口の中や直腸の方が安定してい […]

体温を測るときのポイント:難波でAGA・薄毛治療といえば/Dr.スキンクリニック大阪難波院

食後は避け、脇はシッカリ閉める! Q.そもそも「平熱」「微熱」とは何でしょうか。 A.一般的に、平熱は36.0度以上37.0度未満、微熱は37.0度以上38.0度未満です。 また、感染症法に基づく届け出基準では37.5度以上を『発熱』、38.0度以上を『高熱』と定義しています。 Q.「平熱が低い/高い」といった言葉を耳にすることがありますが、平熱の高さに違いがあるのは事実でしょうか。 A.事実です […]

コロナ感染の目安は「37.5度以上が4日以上」:難波でAGA・薄毛治療といえば/Dr.スキンクリニック大阪難波院

平熱が高い人は?正しい「体温計」の測り方 いまだ終息の兆しが見えない、新型コロナウイルスによる感染症。 厚生労働省は感染の可能性を疑う目安を「風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いた場合」とし、該当する場合は、帰国者・接触者相談センターに問い合わせるように呼び掛けています。 季節の変わり目に差し掛かり連日気温の変化も大きいことから、ネット上では「微熱かも」「風邪気味なので、毎日体温を測って […]

免疫力を低下させないための習慣⑤:難波でAGA・薄毛治療といえば/Dr.スキンクリニック大阪難波院

⑦肩や腰などのコリを放置しない 痛みがあるほどのコリがある場合は、筋肉も血管もかなり固まって血流が悪くなっています。 同じ姿勢が続かないようにすることである程度予防できます。 長時間の座位は骨盤底などにも負担が大きいので、仕事中も立ち上がって軽いストレッチをしたり、休憩時間を決めて数分でいいので歩くなどを取り入れてみてください。 ⑧湯船につかってマッサージ お風呂にゆっくりつかると血管が拡張してそ […]

免疫力を低下させないための習慣④:Dr.スキンクリニック大阪難波院

⑤冷やさない服装 まずは内側からあたためるために、血流を阻害しない締めつけのないサイズを選ぶのがとても大切です。 +αとしてお腹周り(仙骨~肋骨の下あたり)をあたためると効率的です。 寒い日や短いスカートをはくときなどは腹巻でおしりまでをすっぽりと覆ったり、ショートパンツタイプのあたためインナーを履くのをオススメ致します。 露出しているところから冷えるので、ストールなど着脱できるアイテムを持ち歩く […]

免疫力を低下させないための習慣③:難波でAGA・薄毛治療といえば/Dr.スキンクリニック大阪難波院

③夜更かしをしない 夜更かしをすると日中体温があがらなくなり、低体温でずっとぼんやりしてしまうので活動量も減り、ますます体温があがりにくくなります。 夜更かしは自律神経も乱れやすいので早寝早起きを心がけて体温を正常にあげていきましょう。 ④大きな血管を阻害しない姿勢 仕事に集中していたり、長時間の移動中や、家でリラックスしているときなど、ついつい腰が丸まり骨盤の真ん中の仙骨のあたりで身体を支えてい […]

免疫力を低下させないための習慣②:難波でAGA・薄毛治療といえば/Dr.スキンクリニック大阪難波院

②適度な運動で筋肉を落とさず内臓も元気に 適度な筋肉量を保つこと、そして適度な運動が身体をあたためるためには一番効率的であります。 体脂肪率が高いとそれだけでも冷えやすくなるため、低体温の人は血流が悪く内臓の機能もしっかりと維持できません。 血流が少ないので常に生まれ変わる細胞分裂もうまくいかなくなるというわけ。 消化管自体を直接的に鍛えることはできませんが、筋肉を落とさないようにして、適度な運動 […]

1 2 4