Dr.AGAクリニックにおける新型コロナウィルス対策

花粉症

花粉シーズン真っ只中!鼻をかみすぎて痛いときの対処法

花粉症による鼻かぶれ!! 花粉の飛ぶ時期は症状もつらく肌荒れも起こしがちですよね。 その中でもつらいのが鼻のかみすぎで鼻の下が荒れることです。 鼻の下が赤くなったり、皮がむけてしまうのは悩みの種です。 そこで、鼻のかみすぎで鼻の周りの皮膚トラブルを上手に改善する正しいポイントについてお話していきます。 花粉は、皮膚炎の原因にもなりますが、鼻の周りがあれるのは、主に乾燥やかみすぎが原因です。 特にか […]

花粉症シーズン真っ只中!アレルギーを軽減する食材

こんにちは。Dr.AGAクリニック大阪難波院です。 毎年この時季になるとやってくる花粉症。原因は「ヒスタミン」というアレルギー物質。花粉に対するアレルギー反応の結果、くしゃみや鼻水がでてきます。そんなつらい症状を緩和・改善するには「腸内環境を整える」ことをおすすめします。 町内には様々な免疫細胞が多く存在しているので、この環境を整えることで症状を改善・緩和することができるといわれています。 今回は […]

花粉症の方は早めの対策を

花粉に敏感な方は、今の時期から予防対策をしておくと安心です。 予防は花粉シーズンの1~2週間前から始めることがベスト! 何より症状を悪化させない生活を心がけましょう。 花粉症の対策、ホームケアについてはこちらを確認しましょう♪ ■花粉症を悪化させる生活習慣5つ ×疲れやストレス 体が疲れているときは無理せず休養し、リズム感ある生活を心がけましょう。 ×睡眠不足 花粉シーズンは特に、十分な睡眠をとる […]

その他の対策法

■食生活以外でも緩和させる生活を そのほか、食生活だけでなく、適度な運動をして汗をかくなど、毎日の生活習慣を整えることによっても、花粉症の症状の緩和につながります。 それは、自律神経のはたらきを整え、花粉症の症状を緩和させることにあります。 自律神経には、緊張時に働く交感神経とリラックス時に働く副交感神経がありますが、適度な運動を習慣にして、交感神経と副交感神経のスイッチの切り替えがうまくできるよ […]

花粉症を緩和させる成分②

・ヨーグルトなどに含まれる『乳酸菌』 二つ目は『乳酸菌』です。 腸内環境が乱れると便秘になるくらいだろうと思っている方もいるかもしれませんが、実は腸内環境が乱れると花粉症の方にとっては大変なことが出てくるといいます。 『乳酸菌』は体内の免疫バランスを整える作用があります。 ヨーグルトの中でも、特に、ビフィズス菌BB536の入ったヨーグルト『ビヒダス』は、人を使った実験によってアレルギー症状を改善す […]

花粉症を緩和させる成分①

・ポリフェノール 花粉症への効果が示されている食品は二つあります。 まず、一つ目は甜茶等に含まれる抗酸化作用のある『ポリフェノール』です。 ポリフェノールは、アレルギー反応を引き起こすヒスタミンの生成を抑える効果があります。 玉ねぎの皮に含まれる『ケルセチン』もポリフェノールの一種で、アレルギー体質の改善に効果があるとされているのです。 玉ねぎの皮というと普段捨てがちですが、カレーやポトフなど煮込 […]

つらい花粉症

花粉症の方にとっては、ここ最近の暖かさは辛いはず。 目のかゆみに鼻水、くしゃみ、なんとかしたいですよね。 「花粉症の薬を飲んでいるけど、いまいち効かない」という重症の方もいらっしゃいます。 当院のスタッフも花粉症で、AGA治療中も鼻のムズムズ感に悩まされています。 ただ、今年は例年よりも花粉の飛散率は低いとの事ですがそれ以上に症状がひどくないそうです。 もしかしたら、花粉症緩和に効果のある食べ物を […]

鼻うがい法

鼻は空気の出入り口、外気に一番近い鼻の穴の近くが一番汚れます。 このあたりだけ鼻うがいして、奥まで洗浄液を入れなくてもよい場合もあります。鼻の入り口をすすぐ程度で。 200ccのぬるま湯(人肌程度)に塩2グラムを入れ、よくかき混ぜます、これが洗浄液です(蒸留水でなくてもよいのですが、水道水そのままや冷温水でやるのはNG)。 慣れないうちは、「あー」と声を出しながら洗浄液を鼻に入れていきます。 痛く […]

鼻うがい

鼻うがいとは・・・? 鼻は微粒子をこし取る機能に優れており、鼻の中だけでほとんどの花粉をこしていると言われています。 口呼吸では、この機能がありません。 その為、汚れた空気をそのまま肺に送り込んでしまうのです。 なんと鼻は自動洗浄機能まで持っているのですが、黄砂、PM2.5やマイクロプラスチックなどの微粒子も飛び交う現状では、鼻に負担をかけ過ぎないよう、小さなゴミやチリを定期的に洗い流すことも大切 […]

花粉症の方にオススメ!

花粉症のシーズン到来です! 今年は花粉の飛散量は少ないと予想されていますが、マスクにメガネ、空気清浄器など、対策に余念がない人も多いことでしょう。 さらに新型コロナウイルスの影響で、マスクの品薄も心配です。 舌下免疫療法は治療に2年以上かかる 花粉症の治療は、抗アレルギー剤が主体ですが、舌下免疫療法といって、わざとスギやダニなどの抗原を体内に入れて、免疫の寛容(症状緩和)を引き出すという治療もあり […]