Dr.AGAクリニックにおける新型コロナウィルス対策

FAGA

1/63ページ

甲状腺の病気による抜け毛は治る?

甲状腺機能低下症・橋本病が原因で起こる抜け毛は、これらの病気を治療することで改善させることが可能です。もしも甲状腺の機能が低下している場合には、不足している甲状腺ホルモン量をホルモン剤の服用で補う治療が用いられます。 これらの病気はホルモン剤の服用で治る場合と、一生ホルモン剤を服用しながらホルモン値をコントロールし続けなければならない場合があります。 しかし治療で甲状腺ホルモン値を正常範囲に維持し […]

女性の薄毛の原因

薄毛の原因の一つとしてよく言われているのが遺伝です。しかし近年の研究の結果、薄毛の原因の多くは遺伝ばかりではなく、さまざまな要因(ストレス・、加齢、生活習慣の乱れ)が絡み合っているのがわかってきました。 髪が細く、伸びにくく、ハリがなくなってくるホルモンバランスの乱れ更年期障害による急激な女性ホルモンの減少ストレス仕事や人間関係、家庭内の問題などのストレス喫煙やアルコール過度なアルコールや喫煙はお […]

女性に多くみられる脱毛症

びまん性脱毛症~女性の薄毛の主な原因~ びまん性とは、広い範囲に広がるという意味です。びまん性脱毛症は中年以降の女性に多く、女性の薄毛の主な原因になっています。男性型の脱毛症と違い、頭髪全体が均等に薄くなります。加齢、ストレス、過度なダイエット、間違ったヘアケア、ホルモンバランスの乱れなどによって、ヘアサイクルの成長期が短縮し、軟毛化します。 分娩後脱毛 ホルモンバランスの乱れから分娩後の女性に脱 […]

頭髪の太さと薄毛の関係とは?

髪が細くなるのは頭皮の状態悪化のサイン 以前と比べて髪の毛が細くなっているならば、それは頭皮になんらかの問題があり、状態が悪化していることの兆候です。 その問題をつきとめて改善しない限り、髪の毛は弱ってさらに細くなり、抜けやすくなって、明確な薄毛症状へとつながります。 POINT また、男性型脱毛症(AGA)によって髪の毛が細くなっている場合、クリニックでの専門治療以外「改善する方法」はないのです […]

FAGAは女性ホルモンにあり!

女性の薄毛や抜け毛の悩みは、女性ホルモンに起因することがほとんどです。 私たちの体のコンディションは生理周期や出産など、ホルモンバランスから影響を受ける可能性が高いと言われています。 それは毛髪の健康においても例外ではなく、特に産後の抜け毛は女性の約7割が経験するという実情。 また、加齢に伴い女性ホルモンも減少傾向に。 白髪との直接的な因果関係はありませんが、このタイミングで毛髪に含まれるメラノサ […]

理想の睡眠時間と質

こんにちは。 Dr.AGAクリニック東京新橋院です。 本日は、“理想の睡眠時間と質”について考えていきたいと思います。 皆さんは日頃から、何時間睡眠を心掛けていますでしょうか。 ご自身の理想の睡眠時間と、実際に寝られる時間とではかなりの差があるのではないでしょうか。 一般的に「理想の睡眠は8時間」と言われています。 しかし、実際にはショートスリーパーやロングスリーパーと呼ばれる人たちも存在し、 8 […]

FAGA(女性男性型脱毛症)について

こんにちは。 Dr.AGAクリニック 東京新橋院です。 本日はFAGA(女性男性型脱毛症)について考えていきたいと思います。 近年、女性でも年齢とともに薄毛に悩む方が多くなってきました。 当院でももちろん、たくさんの女性患者様に治療をさせて頂いております。 最近ではインターネット等で、AGA(男性型脱毛症)の原因がDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの影響だということ簡単に調べられる […]

AGA・FAGAでも希望あり

●毛根へ栄養が行き届いていれば希望はある 毛根の毛母細胞が機能を回復すれば、髪の毛は生えてきます。 抜け毛や薄毛の予防は早いということはありませんが、薄毛になってしまうのではないか不安な場合は、今のうちからしっかりと対策をしておきましょう。 適切な治療とケアによって毛根に栄養が供給され、毛根の機能が回復すれば再び髪の毛は生えてくるのです。 抜け毛を予防する事は今からでも遅くなく、定期的に頭皮検査や […]

ツヤ・コシを手に入れる方法

シャンプー後の、髪の乾かし方も大きなポイントです。 キューティクルの表面は、7〜8層のうろこ状に重なり合っていますが、髪がぬれると開く性質があります。 開いたキューティクルはとても傷つきやすいので、キューティクルを保護するためにもシャンプー後は手早く丁寧に乾かすことが大切!! また、外的刺激にも要注意! 頭皮や髪表面の紫外線対策が必要です。 対策を怠ると、頭皮や髪表面が日焼けし、乾燥によって髪がパ […]

免疫力を低下させないための習慣④:Dr.AGAクリニック大阪難波院

⑤冷やさない服装 まずは内側からあたためるために、血流を阻害しない締めつけのないサイズを選ぶのがとても大切です。 +αとしてお腹周り(仙骨~肋骨の下あたり)をあたためると効率的です。 寒い日や短いスカートをはくときなどは腹巻でおしりまでをすっぽりと覆ったり、ショートパンツタイプのあたためインナーを履くのをオススメ致します。 露出しているところから冷えるので、ストールなど着脱できるアイテムを持ち歩く […]

1 63