冷え症からくる薄毛

大阪 なんば院

女性ホルモンの不調や血行不良まねく冷え性。

女性にとって深刻な悩みですが、じつは抜け毛や薄毛をまねく要因になります。

髪は毛根にある「毛母細胞」が、血液とともに運ばれた酸素・栄養をもとに分裂・角化することでつくられます。

毛母細胞の活性化には酸素と栄養が不可欠です。

しかし冷え性が原因で血液循環が悪くなると、毛根へ十分に酸素と栄養が運ばれず髪が育ちにくい状態に。血行不良で頭皮の筋肉もこわばり、さらに血行が悪くなるという悪循環へ陥ります。

そしてからだが冷えていると、寝つきが悪くなります。

自律神経は体温を調節する機能も担っているため、睡眠不足で自律神経が乱れるとよけい冷え性に。

また就寝後2~3時間は、皮膚の修復・髪の生成をする成長ホルモンの分泌がもっとも高くなる時間です。その時間帯にきちんと睡眠がとれていないと頭皮ダメージが回復せず、髪も育ちにくくなります。

新陳代謝も悪くなるため皮膚のターンオーバーもうまくいきません。

頭皮の状態も悪くなり毛穴詰まりや乾燥を招く原因になってしまいます。

とくに20代以降は成長因子も減少し基礎代謝がダウンするため、抜け毛や白髪などが増えやすくなるので注意が必要です。

Dr.AGAクリニック公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました