医療情報

圧迫性脱毛症とは

医療情報

圧迫性脱毛症とは、その名の通り頭皮が強く圧迫されたことにより発症する脱毛症です。

女性に多い牽引性脱毛症とは逆に、男性に多くみられる脱毛症。

きついヘルメットを長時間被ったり、水泳帽で1日中頭を締め付けていたりなど、要因は様々ですが、圧迫された部分の頭皮や毛球に充分な血流が行き届かず、髪の毛の成長が阻害されることで薄毛になったり、脱毛します。

外的要因が積み重なって発症するため、やむを得ない事情で圧迫している方が多く、

(仕事上、ヘルメット着用が必須など)対処や治療が難しいのも、圧迫性脱毛症の特性だといえるでしょう。

外的要因からくる脱毛症のため、基本的には原因となる圧迫自体を取り除くことが必要となりますが、完全に除去することが難しい場合は、短時間でも圧迫を減らす行動や、頭皮の血流をよくするためのマッサージを怠らないようにしましょう。

この記事の監修医師
総院長

Dr.AGAクリニック総院長 坂口海雲

H21 大阪市立大学医学部 卒業
H23 大阪市立大学循環器内科 入局
H23 ベルランド総合病院
H24 川崎病院 臨床助教
H25 大阪市立大学病院
H28 福島吉野スマイル内科・循環器内科 開院
R2  Dr.AGAクリニック 総院長就任

error_outline 当サイトのコンテンツはDr.AGAクリニック総院長 坂口海雲の監修により運営されております。