AGA

髪の毛に栄養が届かない状態

AGA

髪の毛は毛球部にある毛母細胞が分裂・増殖することによって作られますが 、

毛母細胞は栄養がないと髪の毛を作ることができません。

毛母細胞への影響補給は、毛球に繋がっている血管を通じて血液から送られます。

そのため、栄養補給がうまくいかないと髪の毛に栄養が届かない状態になります。

髪の毛に栄養が行き届かない状態になると「髪が細くなる、ツヤが無くなる、白髪が増える、抜け毛が増える」などの悪影響を及ぼします。

髪の毛に栄養が届かない状態になる原因として、

「栄養不足」「血行不良」の2点が考えられます。

 

・「栄養不足」

髪の毛は食事によって摂取した栄養を内臓で吸収し、血液を通じて毛母細胞へと運ばれていきます。そのため、食事制限などで栄養不足の状態ですと髪の毛に充分な栄養が行き渡らずに栄養不足の状態になります。

 

・「血行不良」

髪の毛に必要な栄養素は血液を通じて運ばれるため、血行不良の状態だと充分な栄養が髪の毛を産生する毛母細胞へと届かずに栄養不足の状態になります。

 

髪の毛の産生には「栄養」「血行」が大切になりますので、日常生活の中で気をつけることで薄毛予防につながります。

また髪の毛に必要な栄養を食事で摂取しにくい方はサプリメントを活用してはいかがでしょうか。

この記事の監修医師
総院長

Dr.AGAクリニック総院長 坂口海雲

H21 大阪市立大学医学部 卒業
H23 大阪市立大学循環器内科 入局
H23 ベルランド総合病院
H24 川崎病院 臨床助教
H25 大阪市立大学病院
H28 福島吉野スマイル内科・循環器内科 開院
R2  Dr.AGAクリニック 総院長就任

error_outline 当サイトのコンテンツはDr.AGAクリニック総院長 坂口海雲の監修により運営されております。