AGA

民間サロンと医療機関の違い

AGA

AGA治療の中には、民間サロンによる頭皮の血流促進治療や、毛穴の汚れを取るヘッドスパのような施術治療などのほか、医療機関によるお薬の処方や施術に加え、植毛などの手術に至るまでさまざまな選択肢があります。

どの治療方法が最も適切か。というような判断は患者様ごとに異なり、薄毛の進行具合によっても異なるため一概に断定できるものではありません。

民間サロンと医療機関の最も大きな違いは、医師が“いるか”、“いないか”です。

民間サロンの場合、医療行為と言われる薬の処方や治療は行うことができないため、残念ながら医学的根拠に基づいた治療を行うことができないのが現状です。

一方で、医療機関の場合はお薬の処方や施術・手術などが受けられ、薄毛のメカニズムである原因に直接作用する方法で治療を行うことができます。

民間サロンでの治療方法が全く効果なし。ということではありません。
AGAやびまん性脱毛症など、体の中のホルモン状態など以外で薄毛になっている方の場合、民間サロンでのアプローチによって症状を緩和することが可能な場合もあります。

それとは逆に医療機関での治療の強みは、自毛の発毛が期待できるほか、薄毛の進行を抑制することが可能になるということです。

それぞれの機関によって、治療方法や金額は全く異なります。

ご自身の薄毛の状態をしっかりと確認した上で、信頼できる機関へ相談をすることが薄毛の改善に最も近道となります。

この記事の監修医師
総院長

Dr.AGAクリニック総院長 坂口海雲

H21 大阪市立大学医学部 卒業
H23 大阪市立大学循環器内科 入局
H23 ベルランド総合病院
H24 川崎病院 臨床助教
H25 大阪市立大学病院
H28 福島吉野スマイル内科・循環器内科 開院
R2  Dr.AGAクリニック 総院長就任

error_outline 当サイトのコンテンツはDr.AGAクリニック総院長 坂口海雲の監修により運営されております。