FAGA

PMSによる抜け毛

FAGA

月経前症候群(PMS)の主な症状には頭痛、腰痛、体重増加、めまい、イライラ感、不眠、無気力などがあります。

PMSを引き起こす女性ホルモン《プロゲステロン》には、皮脂の分泌を促進する作用があり、ニキビのような肌トラブルが起こりやすくなります。

頭皮の皮脂も増え、汗と皮脂が混ざった毛穴が酸化し不衛生な頭皮環境を作ります。

結果的に健康な髪が育たなくなり、抜け毛増加に繋がります。

生理前の時期は、プロゲステロンが優位になり、幸せホルモンと呼ばれる《セロトニン》の生成をサポートするエストロゲンの量が減少しています

セロトニンには精神を安定させる作用があり、減少することでストレスを感じやすくなってしまいます。ストレスが溜まると自律神経の乱れから血流が悪化し、抜け毛が増えてしまうのです。

月経時の抜け毛対策

1.生理前は毛穴に皮脂がたまりやすく、頭皮は敏感な状態となっています。刺激の少ないアミノ酸系シャンプーで丁寧に皮脂を取り除きケアを行いましょう。

2.頭皮の皮脂を抑えるため、肉類や乳製品、卵などの他、砂糖を多く含むものやアルコールなど脂質が多い食品は控えましょう。

健康な髪の毛の生成に欠かせない、タンパク質を含む食品を積極的に取ることで、抜け毛対策に期待できます。

3.生理中は、ストレスにより精神面が不安定になりやすいです。

自律神経を整えることが抜け毛予防になります。

軽い運動やリラックスできる音楽を聴くなど気分転換を心がけましょう。

この記事の監修医師
総院長

Dr.AGAクリニック総院長 坂口海雲

H21 大阪市立大学医学部 卒業
H23 大阪市立大学循環器内科 入局
H23 ベルランド総合病院
H24 川崎病院 臨床助教
H25 大阪市立大学病院
H28 福島吉野スマイル内科・循環器内科 開院
R2  Dr.AGAクリニック 総院長就任

error_outline 当サイトのコンテンツはDr.AGAクリニック総院長 坂口海雲の監修により運営されております。